湯島121 (湯島) 前編

Ayako's Gourmet And The City

少し前の事ですが、和食の師匠にお誘いをいただき”湯島121”へオジャマしてきました。

Ayako's Gourmet And The City

店内へ入ると入り口のところで、強めのお香の香が鼻をつきます。

なんだかまるで、一度下界の汚れや雑念をこのお香の刺激で取り払う儀式かのように感じましたAyako's Gourmet And The City-01_30_10_13010488.gif

さらにもう一つ戸を開けると、そこからはお香の香は一切しません。

カウンター席とテーブル席、そして二階にもお席があります。

Ayako's Gourmet And The City

この日持込のお酒で頂いたのは

京都・伏見の純米酒「蒼空 」です。

久しぶりに、ほんの少しだけいただきました。

やわらかい口当たり、でも甘口とも違う、そんなお酒でした。

Ayako's Gourmet And The City

先ずは

●蛍烏賊の沖漬け

口中にガツンと塩気がきます。

Ayako's Gourmet And The City

白子筍が登場。

Ayako's Gourmet And The City

●丹波産焼白子筍

筍の先の部分と根元の部分と両方いただきました。

産地直送ということですが、えぐみが強かったのが少々残念です。

Ayako's Gourmet And The City

●焼き胡麻豆腐

濃厚な味わいの胡麻豆腐。

どろ~んとした食感が好きでした。

Ayako's Gourmet And The City

こちらはホヤ。

大将のお気遣いでお出しいただきました。

Ayako's Gourmet And The City

●活蛸梅肉掛け

梅肉がかなり塩分高めですが、蛸のコリッとした食感が美味しかったです。
最初から掛けないで、好みで付けていただくほうがよさそうです。

Ayako's Gourmet And The City

●桜鯛にゅう麺 九条葱

濃い味の出し汁です。

Ayako's Gourmet And The City

●鴨ロース(フォアグラ入り)、カラスミ、鮑、ばちこ、ゆべし、棒寿し

今回コースを通して一番気に入ったのはこちらのお皿です。

料理人さんと同席だったのですが、カラスミの作りは素晴らしい出来ということでした。

このカラスミは乾燥を割りとしている方なのでしょうか、あの歯にくっついてしまって取れないという状態のものではありません。ここは好みですが、あまりねっとりしすぎているものよりはこのくらいの方が好きです。

また、高級珍味ばちこ(くちこ)も美味しかった~。

焼いているときから、部屋中にいい香が漂っていて!

最後の一口がおしくて、ずっと残して取っておいてしまいました^^

Ayako's Gourmet And The City

次は揚げ物へと続きますが、続きはまた明日ご紹介させていただきますね♪

広告

バイヤー厳選のトマトたち

Ayako's Gourmet And The City

皆さまGW中はいかがお過ごしでしょうか。

昨日は朝からずっと歩きっぱなし&食べっぱなしで、足が筋肉痛のAyakoです。

さて、肉食獣の私ではありますが、野菜もたまには食べています^^

こちらの見るからに美味しそうなトマト3種は、Oisix(おいしっくす)さんからいただいたもの。

Oisixさんでは産地直送の有機野菜他、家庭の食材として必要なものが揃ってしまう、いわゆるネットスーパーですね。

今回いただいたトマトは、サイズの大きい順に

●塩トマト(甘いだけでなく旨みが凝縮のトマト)

●みつトマト(甘みの強いトマト)

●ミニトマト(酸味と甘みのバランスのいいトマト)

です。

Ayako's Gourmet And The City

トマトはやっぱりそのままがぶりといただくのが一番好きです。

残業帰りにカロリー調整で夕飯はトマトだけ、なんて事もよくありますが、トマトの甘みと酸味とでかなり体がリフレッシュするんですよね~。

私はこのトマトで、昨日の疲労を癒し中です。

皆さんもGW中、リフレッシュしてくださいね~。

conanocoのスコーン (本郷)

Ayako's Gourmet And The City

可愛らしいスコーン専門店へ足をはこびました^^

専門店ということだけあり、国産小麦と、果物を使用した自家製酵母を使用していて、原料にもこだわりあるお店です。

店内はイートインも可能ですが、食事の前に立ち寄ったのでテイクアウトにしました。

ケースに並べられたスコーンはどれも形がぎゅっと詰まったような、小さくて可愛らしいスコーンたち。

サイズのわりにはお値段が少しお高めです。

下のお写真はキャラメルバナナ。

実は、こちら、ラス一だったんです。

そしたら、形が悪いからと売ってくれず、帰りがけにサービス品としてプレゼントしてくださいました。

う~ん、プロフェッショナルというか、ちょっと嬉しいですね~。

Ayako's Gourmet And The City

スコーンは表情が一つ一つ異なるのも魅力の一つ(少なくとも私にとっては)なのですが、こちらのはキレイにそろっています。

Ayako's Gourmet And The City

下のお写真のものが、キレイに焼きあがったスコーン。

ブルーベリーチーズです。

Ayako's Gourmet And The City

形がみごとにきれい。

ボソボソ系のスコーンでしっとり派としては、好みから外れるのですが、サイズが小さいのでボソボソ感があまり強調されず、私でも美味しくいただけます。

逆に、ボソボソ好きさんとしては物足りないのかな?

Ayako's Gourmet And The City

美人なビジュアルが特別感のあるスコーン。

手土産にも喜ばれそうです。

キャンディーconanoco