パティスリー パリセヴェイユ (自由が丘)

Ayako's Gourmet And The City

パリセヴェイユでケーキを食べようと、ショーケースを眺めていると、店員さんが、

「パリブレストは本日で最終日です」

というではありませんか!

行く前から心に決めていた”サントノーレ”がなかったので、ラスト2個の”パリブレスト”に決定ですぺこ

やっぱりおいしかったぁ~。

ご一緒の方は、フルーツのタルトを。

Ayako's Gourmet And The City

フルーツも贅沢に使われていて、タルト生地もしっとり、でもしっかり歯ごたえもあって、うーん、

やっぱりパリセヴェイユはおいしいな好

広告

ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ (中目黒)

Ayako's Gourmet And The City

今年の2月にOpenした、世界ピッツア選手権チャンピオン山本氏のお店。

行こうと思うと予約が取れないことが2回ほど続いて、ずっと行けずにいたのですが、機会があったのでランチで行ってきました。

ランチは予約不可で、週末でしたが1,2組並べば入れる。といった感じです。

Ayako's Gourmet And The City

トッピング違いで、いろいろな種類のマルゲリータがありましたが、一応初心者なのでノーマルタイプを。

Ayako's Gourmet And The City

この日ご一緒した方に、森下にもっとおいしいナポリピザのお店があると伺ったので、今度はそちらへ行ってみようかと思いますぺこ

Devant des P.T.T. / ドヴァン・デ・ペーテーテー(六本木)

Ayako's Gourmet And The City

最近人と食事をするのに、お店選びは私が決めることが多く、まったく情報のない中お店に連れて行ってもらうことが皆無に等しくなっているこのごろですが、この日は会社の同僚が、いつも焼肉が多いだろうから、たまには違った形でお肉を。と、鉄板焼きに連れて行ってくれました^^

Ayako's Gourmet And The City

メインはお好み焼きのようで、鉄板のカウンターが二つと、テーブル席があり、金曜日ということもあってか満席。

Ayako's Gourmet And The City

焼いた長いもって、大好物なんです。

ぽくぽくしていながら、シャキっとした食感がたまりません。

Ayako's Gourmet And The City

こちらは赤身肉のテンダーロイン。

ガーリックたっぷり。

Ayako's Gourmet And The City

ハラスなかもあり、

Ayako's Gourmet And The City

身を食べた後は、皮目だけをパリパリに焼いてくれます^^

Ayako's Gourmet And The City

これは、もんじゃのときにできるようなパリパリのおせんべい。

Ayako's Gourmet And The City

あさりの塩やきそばは、ヒットでした^^

Ayako's Gourmet And The City

気心知れた仲間と食事をする時間の楽しさは格別。

そんな時間をこれからもたくさんとれるように過ごしたいなぁ。

docomo信者としては、

先日2年以上使っていた携帯を機種変更して、XPERIAに変えました。

これが想像以上に楽しくて!

すでにiphoneをご利用の方からしたら、今頃言ってるの。という感じでしょうね。

でもやっぱりdocomo歴10年以上のdocomo信者としては、なかなかおいそれとソフトバンクに切り替える気持にはなれなくて。自分でも思った以上にdocomoへの執着があったようです^^;

かといって、二個持ちは選択しになく。

ただでさえデジカメがバックからすぐに見つけられずまごまごしているというのに、携帯二個なんて所持したら、大変なことになりそうです。

imodeのメールも、デフォルトの状態で利用するとこちらから読み込みに行かないと、受信ができないと聞いていたので、それがネックで切り替えを躊躇していたのですが、ある無料アプリをダウンロードすると、従来の携帯のimodeと同様に随時受信することが判明。

そうなったらいてもたってもいられず、さっそくdocomoショップへ^^

外出先で気軽にWebが利用できる便利さと画像のきれいさと躍動感、これは楽しいです。

そして、方向音痴の私としては地図も見やすくてうれしい。

従来のSOシリーズは、写メに弱いのが難点だったのですが、さすがにXPERIAでは格段と良くなってますね!

カレッタ汐留の文教堂へ足を運んでみると、おお!

私の本が並んでいるではありませんかきゃぁ~

そして・・・さとなおさんと並んでます音符

う~ん、感無量。

Ayako's Gourmet And The City

記念にパシャリ。

この写真はブログUP用に縮尺したのでいまいちですが、実際はとてもきれいに撮れてました^^

完全docomoのまわし者風ですが、決して違います。

ただの信者です^^

ミレイ (蒲田)

蒲田で人気のベトナム料理やさん”ミレイ”。

3週間ほど前に予約の電話をいれたのですが、7時はすでにいっぱいで、5時からスタートとなりました。

でも週末なので、早めスタートもいいですよね。

Ayako's Gourmet And The City

まだ日が落ちる前なので、お店周辺の例の怪しいラブホたちは、まだネオンが輝いておらず。

なんだかいつもと違ったミレイの顔にみえました。

Ayako's Gourmet And The City

窓際の席だったので日の光がまだ若干差し込んできて

写真の色合いもいつものミレイのお料理とはまた違ったように写りますね。

Ayako's Gourmet And The City

ミレイは野菜がたっぷりいただけるのもうれしいです^^

Ayako's Gourmet And The City

ミレイで空芯菜をいただくのは初めて。

にんにくたっぷり、辛みの少ない空芯菜。

Ayako's Gourmet And The City

●小エビのせ米粉

これはやっぱり好き^^

Ayako's Gourmet And The City

今回、一番好きだったのが

●ヘチマの炒め

Ayako's Gourmet And The City

そのままでもさっぱりしていておいしいし、下のソースを少しかけてもまた違った表情に。

へちまの優しい味わいと食感に癒されました。

Ayako's Gourmet And The City

●エビの胡椒炒め

Ayako's Gourmet And The City

最後のフォーはシーフードを。

こちらのフォーは他に鶏と牛がありますが、シーフードが一番好きかもしれません!

Ayako's Gourmet And The City

次のお客さんが19:30に入っていたので、最後のデザートはあわてていただく感じでしたがやっぱりミレイは楽しいお店です好

Ayako's Gourmet And The City

Ayako's Gourmet And The City

店内は女性95%といった感じでしょうか。

またみんなで行きたいですねぺこ

「肉をくれ、もっとワイルドな肉を!! 」

「肉をくれ、もっとワイルドな肉を!! 」

私のセリフではありませんよ^^;

昨日世界屠畜紀行の著者である内澤さんとラ・ブーシェリー・デュ・ブッパのシェフ・神谷さんのトークイベントへ行ってきました音符

そのイベントのタイトルが「肉をくれ、もっとワイルドな肉を!! 」だったのです。

タイトルで想像される通り、対談内容はジビエについて。

かなりディープで期待通りの面白いお話がうかがえました。

神谷シェフは、料理だけでなく、実際猟の現場に足を運び現地で獲物をさばく作業もご自分でされているそうで、そのお話をされているときの生き生きとした表情はとても印象的^^

とてもプロフェッショナルな方ですね。

Ayako's Gourmet And The City

上のお写真は会場でいただいた、熟成18ヶ月という生ハムとイノシシのベーコンです。

一切れあるのがイノシシですが、こちらが、うーん、ホント美味しかった。

生ハムもですが、臭みが苦手であまり好んでは食べないのですが、これは臭みは全く皆無。

旨みだけが凝縮されたお肉でした・・・きゃはっ♪

マニアックな楽しい対談でした^^

TE-HONG (南青山)

Ayako's Gourmet And The City

南青山の焼肉店・よろにくの帰りに、いつも通りすがり気になっていた”TE-HONG”という茶房に立ち寄りました。

いつも外から眺めていると、うなぎの寝床のような店内はとても上品な空気が漂っている茶房なのです。

この日の先客はとてもステキなマダムがお一人さまで。

ご近所の方のようです。

ある先輩が、お店の格は客層で決まる。とおっしゃっていましたが、まさにそんな感じで、このマダムがお店の格を確実に上げていました。

そこへ私が・・・

格を下げてしまいごめんなさい^^;

上のお写真はひょうたんですが、先日茨城の牧場へ行く途中に”ひょうたん美術館”があり、”ひょうたん”というキーワードがなんとなく頭の中に残っていたのですが、そこへ目の前の棚に”ひょうたんの本”があることに気がつき、お店の方に言うと、このひょうたんを見せて下さいました。
が、それだけです、オチはありません・・・。

でも、その茨城のひょうたん美術館、あとでHPをみてみると、なんとひょうたんが8,000点だそうです!

さて、いただいたお茶は、大好きな龍井茶。

1,500円のものと、2,500円とがありますが、ここは控えめに1,500円の茶葉をいただきました。

お茶が登場するまでのあいだ、烏龍茶とお茶請けが供されます。

そして龍井茶のお茶請けには焼もちのようなものが出されたのですが、さすがによろにくでお腹は満たされていたので、いただけず。ちょっと勿体無かったです。

Ayako's Gourmet And The City

龍井茶は2,3杯いただけます。

Ayako's Gourmet And The City

とても居心地のいい空間の茶房でした^^

もう少しお手頃な和Cafeが増えたら嬉しいのになぁと思うこの頃です。