梅園

Ayako's Gourmet And The City

以前にも少しふれましたが、どうして東京の老舗甘味屋さんは、ただただあま~いだけの甘味が多いのでしょうか。歴史的背景から紐解くと、公家の京都にくらべ、関東では砂糖がより高価だったということから、贅沢品への憧れ?から砂糖をたくさん使うということですが。

あとは、京都に比べ労働者が多かった事から、疲労回復のおやつとしてあま~い餡が多いのでしょうか。

浅草の梅園のあわぜんざい。

あわのもっちりとしてつぶつぶの食感が美味しいのですが、餡が強烈にあまいです。

疲労困憊のときはこういう甘い餡もいいのですが。

Ayako's Gourmet And The City

豆かん。

Ayako's Gourmet And The City

平日の16時ころですが、店内は満席で、待っているお客さんもいるくらい。

老舗店の力はすごいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中