渓谷を眺めながらのインドネシア料理@カスケード

Ayako's Gourmet And The City 

バリ島女2人旅のお相手、ほんまちゃんとは、ホテル集合でした。

彼女は大好きなバンコクに立ち寄りその後、バリ島・ウブドへ。

一方私は、唯一の直行便であるガルーダでバリ島へ。

ガルーダのフライトスケジュールは成田を午前中に出発し、18時頃デンパサールへ到着。その後ホテルの車で1時間以上かけてウブドへ到着したので、ヴァイスロイに到着したのは19時を過ぎていました。

そのためすっかりあたりは暗くなり、ヴァイスロイのヴィラのステキさや、渓谷からの絶景については翌朝知ることになるわけです。



Ayako's Gourmet And The City 

とりあえず到着が遅く初日なのでゆっくりホテルで過ごす事に。

夕食はホテルのレストラン「カスケード」のインドネシアンコースを事前予約して行きました。

先日も少しお話ししましたが、バリはワインやリキュール類の税金が高いため、レストランでの提供価格もめちゃくちゃ高いのです。

例えばシャンパーニュは、グラスで4,000円くらい!リキュールを使用したカクテルは1,000円前後します。これはホテルに限った事ではなく、街中のレストランでも同様。

カクテルは日本とそうかわらない感覚のお値段ですが、バリの物価を考えると相当お高いです。

対して、ビールはカクテルの半額ほどですからご安心下さいね。


パンは自家製なので、美味しいです。

Ayako's Gourmet And The City 

●インドネシアン春巻き


Ayako's Gourmet And The City 



●ウズラの卵のスープ、チキンとライスヌードル入り



Ayako's Gourmet And The City 



このコース料理のメインが以下のプレートです。

お魚とお肉料理の盛合せで、これ、かなり美味しかったのです。

スパイスが複雑にきいていて立体的なお味。

正直バリのホテルでこのレベルは期待していなかったので、ちょっとテンションがあがりましたきゃぁ~



Ayako's Gourmet And The City 



プレートの中でも一番美味しかった”Babi Panggang”

豚のスペアリブですね。

滞在中ウブドの中心にある、スペアリブ専門店にもいったのですが、やっぱりこれが一番美味しかったです。



Ayako's Gourmet And The City 



魚のグリル、レモンバジルテイスト。

さくっと食べてしまったけど、これも美味。


Ayako's Gourmet And The City 



ココナッツとチリソースで煮込んだ牛肉料理。

スパイス使いが上手くて、これも立体的なお味!

スマトラ流だそうです。

Ayako's Gourmet And The City 



最後のスイーツは、かなり好みが分かれそうですが、私のツボでした!

おはぎをお汁粉にしたような。

でも、日本のものとはちがって、甘さがやさしいのです。

バナナも入ってて、優しく味も主張してます。

意外とスイーツを食べなれた人向けの上級スイーツかも。
あーん、また食べたいです^^


Ayako's Gourmet And The City


私たちが食事をスタートしたのは20時だったので、残念ながら渓谷は真っ暗で、何も見えない状況。

それでもレストランの雰囲気はいいので、それなりに楽しめます。

あとは、カスケードでフレンチ料理をいただくチャンスがあと1回あったのでよかったのですが、少ない滞在時間でウブドを満喫する場合は、レストランのディナーオープン時間18時にスタートするのがオススメです。

これなら、刻々と移りゆくウブドの渓谷の神秘さを満喫できるのです。


もしヴァイスロイに滞在するなら、一番オススメしたいパターンは、

ランチにカスケードで食事、18時~19時のカクテルサービスで一杯飲む、その後夕食を外のワルン(食堂)でチープに。

が一番賢い楽しみ方です☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中