ウブドで牛ステーキを食べるなら!@CAFE DES ARTISTES UBUD


Ayako's Gourmet And The City


ウブドでビーフステーキが食べたい!といったとき、真っ先に名があがるのがこちらのお店のようです。

「CAFE DES ARTISTES UBUD」。もちろん観光客向け。


Ayako's Gourmet And The City


なにやら雰囲気がよさげ。

ってことは味はイマイチなのかなぁ~と、疑ってみたりして。


美女とクリスマスツリー。

Ayako's Gourmet And The City


客層としては、西洋人ばかり!

完全に観光客を対象としたお店ですが、アジア人は私たちだけでした。

Ayako's Gourmet And The City


私はチチを。(Rp.70,000、約700円)
ほんまちゃんがのんだ、ビール・ラージサイズは、Rp33,000、約330円。


Ayako's Gourmet And The City


今回の旅の裏テーマ!それは、ナシゴレンの食べ比べです!?


こちらのナシゴレン、実は今回一番気に入った美味しさでした。

お店によって味がまったく異なるナシゴレン、それだけに、なかなか納得のナシゴレンに出逢えなかったのです。

スパイスがしっかりきいていて、ちゃんと複雑味のあるお味。(Rp.36,000)


Ayako's Gourmet And The City


ナシゴレンに満足してしまいましたが、こちらのお店へやってきた目的はこちらのビーフステーキ!

(Rp.74,000)


Ayako's Gourmet And The City


このバジルバターのソースが美味しくて!

お肉は赤身で柔らかく、でも決め手はやっぱりこのソースでしょうね。


Ayako's Gourmet And The City


アップルケーキ(Rp.28,000)

レストランで食べるケーキはどれもイマイチなものが多いです。


Ayako's Gourmet And The City


ウブドでの食事のチャンスが数少ないなら、もっと地元色の強いワルンをオススメしますが、ある程度ゆとりがあるなら、こういうお店を混ぜ込んでもいいかな~と思いますよ^^


帰りはお店の方に、宿泊先のヴァイスロイに電話してもらい、ピックアップをお願いしました。

ヴァイスロイでは24時間決まった範囲内であれば無料で車での送迎サービスをしてくれているので、今回の旅では相当助かりました。

というのも、ウブドでは、ながし?のタクシーがなく、道端でおにいちゃんが「タクシー、タクシー」と声をかけてくるのです。料金も決まっていないので、交渉する必要があります。それを考えるとかなり面倒ですが、今回の旅では無料サービスの範囲を超えたのはフォーシーズンズだけでしたので、そこだけ有料(片道500円)であとはサービスの範囲で動き回る事が出来ました。



ナイフとフォーク CAFE DES ARTISTES UBUD

場所はウブド王宮のあるラヤウブド通りからビスマ通りに入って少しのところ。


この日のお会計

V.A.T 10%、Service Charge5%、計Rp.295,550、約3,000円

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中