七厘の悶絶コースを堪能 (三ノ輪)

Ayako's Gourmet And The City


都内でお気に入りの焼肉店の一つ、三ノ輪の「七厘」。

最近は”悶絶コース”が焼肉マニアの間で話題になってますきゃぁ~

内容や料金については時季によって微妙に変化するそうですが、先ずは刺身から。

京都いっしんの肉そうめん的なカットの肉刺しを、下の写真の温かいだし汁につけていただきます。


Ayako's Gourmet And The City


白菜のキムチ、オイキムチ


Ayako's Gourmet And The City



酸味の効いた味付けのドレッシングのサラダ

Ayako's Gourmet And The City



そして!じゃーーーん

この肉寿司が登場したとたん、同席者みな、一気にテンションがあがりましたあげあげ

奥がとうがらし、手前がトモサンカク。巻物はなんとタクアン入りのミスジ巻き。

まるでネギトロのような味わいで美味ですぺこ


Ayako's Gourmet And The City



肉寿司の興奮冷めやらぬまま次に登場したのが、

一品料理たちの盛合せ。

肉寿司もそうですが、盛り付けに迫力があって、ご主人ヘンリー(中原)さんのキャラが、この盛り付けのセンスに現れているようなきがしますきゃはっ♪

Ayako's Gourmet And The City



塩ダレの味付けのとうがらしの肉刺し


Ayako's Gourmet And The City



サーロイン、ミノなどが入ったばくだんは、韓国のリに巻いていただきます。

ミノが入っているところが、食感に変化をもたらしてナイス。

Ayako's Gourmet And The City


かたこぶのタタキ、出汁ジュレ添え

料理として立派に美味しいです^^


Ayako's Gourmet And The City


センマイ刺しは、定番の味噌ダレで。


Ayako's Gourmet And The City


ここからは焼き物へ突入☆



七厘名物の”幻のタン”


Ayako's Gourmet And The City



左がサーロイン、右がしんしん

七厘のサーロインのカット、好きですぺこ

こちらでは、とび牛(常陸牛をメインに)を使用していますが牝牛なので、見た目刺しがたっぷりでも、脂が重過ぎないところがポイント。しんしんのような赤身の部位も美味しいです。

Ayako's Gourmet And The City



うーん、贅沢なシャトーブリアン。
これは焼くのが難しいので、ご主人が焼いてくださります。

噛みしめると肉汁があふれ出したことは言うまでもありません・・・

Ayako's Gourmet And The City


カイノミ

ここのカイノミのカットは隠し包丁がさいの目状にはいっているのがポイント☆


Ayako's Gourmet And The City


ランプ

好きな部位の一つです^^


Ayako's Gourmet And The City


〆は肉茶漬け。

Ayako's Gourmet And The City



デザートに杏仁豆腐


Ayako's Gourmet And The City

料理長は、この悶絶コースのために和食料理店からわざわざ引き抜いてきた方なので、「七厘」としてもこの悶絶コースには今後ますます力を入れていくつもりなのではないでしょうか。

今から新メニューが楽しみです☆

広告

夏に移転予定の鳥茂 (新宿)

Ayako's Gourmet And The City


新宿にあるヤキトンの名店「鳥茂」は私の大好きなお店の一つです。

今年はじめにも友人のお誕生日会をここで開いたのですが、先日もお誕生日会で利用しました^^

フレンチレストランでゆっくりお祝いするのもいいけれど、気心の知れた昔からの友人だからこそ、たまにはこういうお店で・・・というのも新鮮でいいですよね☆



Ayako's Gourmet And The City


上の写真はいつも見事な焼きのレバー。

中はレアで火の入りが均一で美しいのです。


下はしろ。

ふわっと柔らかく、レバー焼きに続いて鳥茂の代表的串焼きといえるのではないでしょうか。

ただ、この日は1階席になってしまったため大将の酒巻さんに焼いていただけず・・・

腕前には大きな差があるようです。さすが大将。と改めて実感した日でもありました。


Ayako's Gourmet And The City


お任せでいただいて


Ayako's Gourmet And The City


そうそう、今の店舗は7月いっぱいで閉店。

8/1からは新店舗へ移転となります。


Ayako's Gourmet And The City


場所は今の場所からすぐ近くなので、通うのにあまり変化は無さそうなので一安心。

次回は移転後かなぁぺこ

ワイン&キッチン びーふてい (中目黒)

Ayako's Gourmet And The City



先日中目黒にある「ワイン&キッチン びーふてい」へ。

中目黒というと、焼肉やホルモンの激戦区でもありますが、こちらは店名でもお察しのとおり人気焼肉店「びーふてい」の系列店です^^

ちょうど先日、「びーふてい」に肉を卸している最大手の吉澤畜産の見学にオジャマしてきましたが、当然衛星管理はしっかりしてましたし、吉澤畜産では優良店に多く肉を卸しているので、熟成庫には融点低そうな脂をまとった美味しそうな枝肉がずらっとありました☆


「びーふてい」の肉質や美味しさについては信頼置けるものなので、姉妹店のこちらでも満足できるお肉を提供してるのではないかという期待感があるお店ですね。

Ayako's Gourmet And The City


こちらでは各部位の肉を串焼きで提供しています。

なので、目の前に出されたらなるべく早く食べないと、せっかくの美味しいお肉が台無しになりますね!


そして、例の生肉食中毒事件の影響で、生肉料理は扱っておらず残念でした。



Ayako's Gourmet And The City


上の写真は「上ミノのアヒージョ」。

これ!かなりヒットの美味しさ☆

ミノのザクザクとした食感と、脂の部分とニンニクとのマリアージュ。

これはこの日一番でした^^


オイルをバゲットにつけて食べるのもサイコー。


Ayako's Gourmet And The City


こちらはスジなどの塩煮込み。

ちょっとイマイチです。


Ayako's Gourmet And The City


ハンバーグ焼き。


Ayako's Gourmet And The City


店内はカウンター席とテーブル席があり、ワインは低価格から揃っています。

お肉を焼いて提供してくれるということもあって、食べよりも飲みメインのメンバーでの利用に向いてます^^

手土産にも自分用にもなフォンダン・オ・ペカン



Ayako's Gourmet And The City


以前もご紹介したことのあるポポロ広場の「フォンダン・オ・ペカン」。

またいただく機会があったのですが、これ、やっぱり美味しいきゃぁ~

以前は3月で気温が低い時期だったので、電子レンジで10秒ほどチンしていただくとチョコレートが生地の中で溶け出してとても美味しかったのですが、今回は気温が暖かくなってきていたのでチンしなくても常温でそのままでも十分美味しかったです!

かじりつくと、生地が軽くてシュワッ、ふわっした食感で、チョコレートも濃すぎず、かといって薄すぎずしっかり味わえる。そんなフォンダン・オ・ペカンです。


伊勢原のポポロ広場で販売しているのですが、ネットでも購入可能です^^

ポポロショップ


お値段も1個あたり200円を切っているので手土産や自分用にも十分利用できますね。

また、一つずつ包装されているので、オフィスで配って食べたり、と何かと便利そうです。

フォンダン・オ・ペカンについで人気のバームクーヘンも同じくネットで購入可能です☆


カルネヤの絶品バーガー (牛込神楽坂)

Ayako's Gourmet And The City



変り種ハンバーガーはよくあると思いますが、ここまで完成度が高いと、変り種という表現は失礼に当たりそうですぺこ


Ayako's Gourmet And The City


これは、肉イタリアンで人気の「カルネヤ」の”モツバーガー”。

ランチでのみ提供しています。


トッピングのモツが美味しいことはもちろんですが、短角牛を使用したパテがこれまた美味!

イタリアンがメインのお店だからこそ出せる味わいのハンバーガーだと思います。

ちなみにバンズは浅野屋のものを使用しているそう。



Ayako's Gourmet And The City


もう一ついただいたのは”熟成肉”をトッピングしたハンバーガー。

熟成肉はステーキにしてあるのですが、正直短角牛のパテが十分に美味しいから、このステーキ不要でしたきゃぁ~

これはお値段も1,800円とお高いです。


Ayako's Gourmet And The City


別添えでタルタルもあって、これもまた美味。

つけても、つけなくても、どちらも美味しく楽しめるから交互に食べました☆


Ayako's Gourmet And The City



こちらのお店、プライベートではオジャマするのは3回目のお気に入りのお店。なので、実は撮影でも一度利用させていただいています。

ランチはこちら、ディナーはこちら、をご参考にしてくださいね。

Ayako's Gourmet And The City


お店の雰囲気も、イタリアンらしくなんとなく温かで好みです☆

オーナーシェフのいさみさん、お料理しながら鼻歌歌ってるのもイイですあげ

肉イタリアン☆キッチャーノ (赤坂)


Ayako's Gourmet And The City



ふふふ。

最近、肉イタリアンが熱いですねきゃぁ~

(上の写真は今回いただいたドライエイジングの”あか牛”)


Ayako's Gourmet And The City



こちらは赤坂Bizタワーのすぐ近くにある「Specialita di Carne CHICCIANO」。

肉を楽しむためのイタリアンレストランです。

実はこちら有名フレンチ「アピシウス」と同じ経営なんです。

だから機材なんかもしっかりお金かけてるお店。

上の写真の中央に赤いスライサーがあるの分かりますか?

イタリアからわざわざ輸入したスライサーで、こちらでは贅沢にも生ハム専用に使用しているそう。

さらに奥の壁際にあるロティサリーマシンは、豚や鳥の丸焼きができます。

次回はこちらで焼いたカリッカリのお肉をいただいてみたいなー。

ちなみにランチでも週に1回は出しているそうですよ☆

ねらい目ですね!

Ayako's Gourmet And The City


こちらでは、その日の食材にあわせてコース内容が変わり、メインのお肉のチョイスによってお値段も変わるスタイル。(生ハム、前菜、パスタ、メインの肉料理、デザート2品、食後酒、コーヒーの提供)


Ayako's Gourmet And The City


お肉は例えば

・メキシコ産牛サーロイン(アンガス牛)の炭火焼

300g(7,000円)、400g(8,000円)

・松坂牛イチボの炭火焼

200g(12,000円)

・ロティサリーマシンで一羽丸ごと焼いたブレス産鶏

8,000円(4名から)


と、他にもいろいろなお肉が楽しめます。

今回私たちが頂いたのはドライエイジングの”あか牛”とバスク豚、ソーセージの盛合せ

・特選グリルミスト 9,500円です。


Ayako's Gourmet And The City


さて、上の写真の生ハム、例のイタリアから輸入したスライサーでカットしたものなんですが、一ミリの薄さでカットしているからふわっふわの仕上がりなんです。これには驚きました。

食感がふわふわだから、優しい味わいの生ハムに感じますね。普通のカットの生ハムに比べて乾燥が早いので、早めにいただきました☆



Ayako's Gourmet And The City



モッツァレラやラタトゥイユ、豚のゼリー寄せ、かぼちゃのムースが続々登場し、下の写真はスコティッシュ産のサーモン。肉厚で美味。

Ayako's Gourmet And The City



赤座エビは久しぶりにいただきましたが、やっぱり好きです^^

Ayako's Gourmet And The City


そして、自家製手打ちのパスタ2種。

奥は”リグリア風うさぎの白いラグータリアテッレ”

手前が”イカ墨入りタリアテッレ フランス産マテ貝のソース”

これが2種とも美味で音符

肉がメインのイタリアンなので、この辺はあまり期待していなかったのでちょっとやられました^^


Ayako's Gourmet And The City


散々前菜をワインとともにいただき、やっと登場したのが、本日のメイン”あか牛”の炭火焼です。

すごい迫力!厚さ3センチくらいあるかしら??

部位はサーロインですがあか牛なのでかなりの赤身です。ただ、あか牛は肉の旨み自体が弱い牛なので、もっとガツンとした牛肉が食べたい方は、松坂牛を選んだ方がいいですね。

ただ、この辺はまだ3月にオープンしたばかりなので、どんどん扱う品種は変わっていきそうです。


Ayako's Gourmet And The City


続いて、バスク豚とソーセージも登場。

さすがのニクージョもこのあたりで結構お腹いっぱい。

普段沢山食べる男性陣もさすがに残してしまいましたが、最後にお土産用にと包んでくださいました☆


Ayako's Gourmet And The City


サラダもね。


Ayako's Gourmet And The City


口直しのレモンのシャーベット。


Ayako's Gourmet And The City



デザートはチョコレートムース。

Ayako's Gourmet And The City



残してしまったお肉のお土産、こんなに可愛らしく包まれて・・・ハート

Ayako's Gourmet And The City


コースのお肉の組み合わせや品種など、これからさらによくなっていくと思うので、今後の展開が気になる注目の肉イタリアンですあげ

あと、マネージャーのフランチェスコ氏、奥様が日本人だそうで、日本語がホントに上手なんです!日本には3年とおっしゃってましたが、それでこんなに上手なの?という感じです。だからありがちですが、言葉遣いが女性的で、ちょっとカワイイので話しかけてみて下さい☆


あと、シェフの山縣氏はポールボキューズで修業されていたそうで、私が訪れたときと時期は違うでしょうが、勝手ながら親しみを感じてしまいます^^


メニューはこちらで更新されているので、好みの内容の日に予約するのもいいかもですね!


タスヤードのフレンチトースト (北参道)

Ayako's Gourmet And The City


北参道にある「タスヤード」カフェ。

七里ガ浜とかにありそうなオシャレなカフェですが、

そこで提供するフレンチトーストの噂を聞きつけオジャマしてみました^^


実は私・・・無類のフレンチトースト好きなんですきゃぁ~

でもなかなか好みのものがいただけるお店が少なくて。

有名ですが、オークラのフレンチトーストが一番好きです。あとは、それを真似て作った自作のフレンチトーストも!


Ayako's Gourmet And The City



こちらのフレンチトーストもオークラのように厚切りパンで、しっかり卵と牛乳を吸ったもの!

カラメルソースがたっぷりかかっていて、飴のようにねっちりです。


Ayako's Gourmet And The City



このヴィジュアルは女子が喜びますねー☆

Ayako's Gourmet And The City


ただ、実際いただくと、少し味がぼやけてしまっていて。。

やっぱりフレンチトーストって難しい。

結局シンプルなものがよかったりしますね。