Ayako企画!肉祭り@カルネヤ

Ayako's Gourmet And The City

”肉”に関して、今最もアツいお店といえるのではないでしょうか。
牛込神楽坂のイタリアン「カルネヤ」。
ちなみに”カルネ”とは、イタリア語で肉。なので、肉屋なのですぺこ

Ayako's Gourmet And The City

その「カルネヤ」で、先日貸切で”肉祭り”を開催しました。
実は先日といっても1ヶ月ほど前のこと。
自分の中で温めていたら、日が経ってしまいました^^;
上の写真は、カルネヤでも人気メニュー
「和牛のカルパッチョ」
香草を使ったソースがとても美味しい一品。
下の写真は
●蝦夷鹿のカルパッチョ
淡白ながらも赤身が美味しい☆

Ayako's Gourmet And The City

●モツクッキング
こってり目の味付けのモツ、香草で全体を引き締めてくれます。

Ayako's Gourmet And The City

●門崎丑のカルネクルーダ サマートリュフ添え
この日はAyako企画ということで、いつもの「カルネヤ」では扱わない食材にも挑戦していただきました!この日のために仕入れていただいた黒毛和牛の門崎丑。
カルネヤでは熟成に重点を置いた赤身のお肉を中心に扱っていますが、今回は霜降りの黒毛和牛。
脂質がよく赤身肉が美味しい門崎丑ではありますが、とは言ってもそこは黒毛和牛。いさみシェフがどう挑んでくるかも実は私の中の秘かな楽しみでした音符むふふ。
そして、その門崎丑一品目がこちらのカルネクルーダ。
これは門崎丑の脂と赤身のマリアージュがねっとりと、とても素晴らしく、サマートリュフの香も合わさってエロティックさサイコーーーな美味しさでした。ハートあげ

Ayako's Gourmet And The City

●鶉の塩麹漬け
ハヤリの料理もちゃんとおさえてますね!さすが。
このお料理、旨み満載、かなり美味しくて、また食べたいなぁ~。

Ayako's Gourmet And The City

●門崎丑のグリル
奥がランプ、手前がイチボ
これは、イチボの火入れがポイントの料理。
イチボ自身の脂を回しかけながら、何度もオーブンから出し入れして火入れしたもので、イメージですが、肉の脂が熱で壊されずにそのまま肉に留まっている感じ。
焼きあがった塊を手で押すと、ぶるんぶるんに震えるんです。
この焼き上げはすごかったぴかっ!

Ayako's Gourmet And The City

●付け合せにはアスパラとおいも
いつもこちらのつけ合わせは手抜かりなくて美味しいのです。

Ayako's Gourmet And The City

●熟成肉のカツレツ
でましたー!!
私の大好物。
40日以上ドライエイジングしたホルスタインのサーロインを使用。
熟成香で食べるお肉!

Ayako's Gourmet And The City

火入れもよくて、見てるとよだれが・・・
衣にはチーズが入ってるのかな?
これだけ肉自体に香があると、調理しにくいのでは?と思いますが、衣の味わいと熟成香が絶妙に融合して、お互いを引き立てあってます。
肉繊維はミシミシとして肉をたべてる!といった満足感があり、それでいて脂身はないのでこれはいくらでも食べれてしまいます。
このお肉をいただいてから、今までホルスタインを馬鹿にしていてゴメンなさい!と思わされるほど衝撃を受けました^^

Ayako's Gourmet And The City

●リブロースのビステッカ
先ほどの熟成肉とはまた別の個体のお肉を使用していますが、やはり香がカツレツに使用したものには及びませんね~。

Ayako's Gourmet And The City

●スパゲッティーカーチョエペーペ
バター、チーズ、胡椒で和えただけ!ナノに美味しい。

Ayako's Gourmet And The City

●ゴルゴンゾーラのケーキ
これも大絶賛だったデザート!
これだけ発酵&熟成モノたちをワインと味わった後の〆に相応しいものでしたあげ

Ayako's Gourmet And The City

この日の参加者は、肉好きさんからお仕事的にもグルメに関わっているメンバーまで様々でしたが、美味しいお料理のお陰でとても楽しい会となりましたハート
忙しい中、協力していただいたオーナーシェフ・いさみさんと、門崎丑・社長に感謝感謝です。

広告