焼肉・七厘 (三ノ輪)

Ayako's Gourmet And The City 


大好きな焼肉店、三ノ輪の七厘へオジャマしました☆


仕事がら(というか趣味ですかね。)新規開拓が多く、なかなか好きなお店でも頻繁に通うことが出来ないのですが、それでもほんの数店、ご主人と仲良くさせていただいたり通っているお店があります。

それは、美味しいということはもちろんですが、それ以外にもご縁だったり、ご主人の真摯な気持ちに共感できたり、何かしら食べ手の心にササる”何か”をもっているお店、そんなお店には、新規開拓が好きな私でも、魅力には抗えず通っています。


そして七厘もそんなぐっとササるモノをもったお店の一つです。


七厘では最近”悶絶コース”が評判ですが、この日はお任せで。

お任せのコースは焼き物のみで、悶絶コースは焼き物の前に、生肉や肉料理がどーんと供されるコースです。

ですので、数日前からの予約が必要となっています。


でもこのお任せのコースも「七厘」の肉を充分堪能できて、オススメのコースですよあげ



上の写真は”サーロイン”。



Ayako's Gourmet And The City 


七厘の焼肉は、ナニがいいかって、先ずはカット。

磨きに磨きたおしたカットだから、美しいです。

磨きに・・・というのは、余計な脂やスジを取り除く、という事ですが、どこまでを余計と考えるかはご主人次第。

そして、ヘンリー(ご主人)の磨きはとても私の好み。だからとても美味しく感じます。
サーロインのカットでのりしろのように脂がふちに残してあるタイプ、アレが結構苦手だったりします。

多分、見た目的にはいかにもサーロイン!と分かりやすくて、喜ばれるのかもしれませんが、食べると結構脂が重く感じる原因になります。



●うちもも、サーロインの握り



Ayako's Gourmet And The City 



●左がランボソ、右がザブトン

美味しいよ~


Ayako's Gourmet And The City 



ザブトン、キレイに刺しが入ってますね。

しっとり。

七厘ではおもに常陸牛を扱っており、牝のとび牛を必ず使用しています。

Ayako's Gourmet And The City 



●サガリ

この厚み、贅沢!

Ayako's Gourmet And The City 


●これは、部位失念。

Ayako's Gourmet And The City 



●生肉丼

Ayako's Gourmet And The City 


いま生肉問題、ありますね。

10月1日から新基準になりますが、扱うのをやめるお店はあるでしょうがこれで生肉が全てのお店から消えるという事はないと思います。ただ、生食用に商品化して卸すのには新しく設備投資などもあるでしょうから、多少値が上がるかもしれないですね。これでまた焼肉店等、売上げが落ち込んだりしたら大変だなぁと、ニクージョとしてはとても心配ですが、これからもお客さんや肉と真摯に向き合っている優良店はどんどん応援したいと思ってますハートあげ

広告

“焼肉・七厘 (三ノ輪)” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中