ビオワインと肉!祥瑞 (六本木)

Ayako's Gourmet And The City


ずっと行きたいお店リストに入り続けていながらチャンスのなかった「祥瑞」へやっとオジャマしてきました!

う、嬉しいぃ。


こちらのお店、雑誌の肉特集では必ずといっていいほど登場するお店です。

そして、扱うワインは全てビオワインとあって、今の私のキブンにもピッタリなお店あげ


上の写真は

●Gazouillis 2009 ガズゥイ

微発砲で、香よく好みでした☆

これは覚えておこう。



●豚肉と蝦夷鹿のパテ 1,500円

これは、写真ではボリューム感が伝わりにくいと思いますが・・・

めちゃくちゃビックサイズなんです。

3人で切り分けたのですが、それでもケーキみたいなサイズに!!

かなり食べ応えある、もっさもっさした、オトコの手料理的イメージなパテでした。


Ayako's Gourmet And The City


で、自動的に提供されたこのもっちもちのパンが美味しいのですが、パテとの相性もかなりよくて、オススメ。
どこのパンなのかなぁ。聞けばよかったです。


Ayako's Gourmet And The City


●ブーダンノワール 1,500円

これ!初めてのタイプです。

表面をカリカリに焦がしたブーダンノワール、中のしっとりとした部分と表面のカリカリの部分、食感の違いも楽しめますね。こんなのもありなのかーーーーという感じです。


Ayako's Gourmet And The City



●ステークタルタル 2,200円

こちらは特にインパクトもなく、しっかり味付けされたタルタル。


Ayako's Gourmet And The City


メインのお肉は2種類いただきました。


●池田牧場・赤うしのランプ 300g弱かな。

3,000円


私の余り好きでない、赤うし。

焼き方がいいから美味しくいただきましたが、やっぱり肉自体の旨みは弱いなぁとおもいます。

ご一緒した肉のプロも同意見だったので、気のせいではないと確信。

でも、レストランではこの赤うしに出逢う機会がとても多いので、かなり流通しているようですね。


Ayako's Gourmet And The City



そして!どーーーーんと登場したのは

●山形牛・リブロース 720g 8,640円

黒板ではgでの単価が書いてありますが、好きなgでオーダーすることは出来ず、

あるお肉は○gのものです。と言われます。

人数によっては大きすぎたり、逆に小さすぎたり、そのあたりは在庫状況の運になりますね。

予約のときにそこらへんを相談しとくといいかもです。

祥瑞では、フライパンに油をひいて、そこでカリッカリに焼き上げるので、ゴーカイな焼き上げ!

これ、結構はまりますね。

黒毛和牛のリブロースなので、かなり重かったですが、でも美味しくいただきました。


Ayako's Gourmet And The City



火入れはこんな感じです。

Ayako's Gourmet And The City



デザートには

フロマージュとはちみつ
これが、とっても美味しくて(というか、フロマージュ系のデセールが好きなんです!)

また次回も絶対これ食べる!!

山形牛の脂を、フロマージュとはちみつが浄化してくれるようなイメージです^^


Ayako's Gourmet And The City


肉好き、くいしんぼーなメンバーだったので、食べきりましたが、普通の方だと人数いた方が安心かもしれないですね。

店内は暖色系の壁で、ちょっと陽気な感じ。

サービスの方も個性的で、面白いお店ですね。



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中