鳥平 (広尾)

Ayako's Gourmet And The City 


焼きとん屋さん「鳥平」へ。

金舌でなんとなく不完全燃焼だったので、2軒目でオジャマしました^^


金舌では牛レバー刺しをいただきましたが、ここでは豚レバー刺しを。

かなり新鮮な豚レバーでした☆



9時過ぎでしたが、相席で。

コブクロは売り切れ、しろ、かしらをタレでいただきました。



Ayako's Gourmet And The City 



レバーアゲイン。

Ayako's Gourmet And The City 


焼きとんの魅力はなんといっても気軽さにありますね!

そして、帰り際、常連さんに

「えー、もう帰っちゃうのー?これからが楽しいのに!またきてね!」

と声をかけていただきました^^


常連さんが多いお店は、お店の雰囲気が温かいから好きです☆

広告

金舌 (白金)


Ayako's Gourmet And The City



最近、豚のレバ刺しばかり食べていて、牛のレバ刺しを食べていないことに気がつき、白金「金舌」へ。

こちらは日本一のレバ刺しと謳っているお店です。


●レバ刺し

見た目の美しさが見事ですね。

味わいは思いのほか臭みというか苦味があるレバ刺しでした。

鮮度の証でもある甘みがあると良かったんですが。。

Ayako's Gourmet And The City



●しびれのから揚げ

しびれがほくっとしています。


Ayako's Gourmet And The City



●クレソンとレタスのサラダ

Ayako's Gourmet And The City



●熟成タン

店内で30日熟成させたタン。確かに味わいが濃いです。

が、若干酸化もしています。

熟成って難しいですね。かなり知識のある方でないと店内で熟成は難しいのだと思います。


Ayako's Gourmet And The City



●藁焼き サガリのタタキ


Ayako's Gourmet And The City



タタキなので、焼き上げはBlueで、冷たいですが食べてみて、常温の方があうのでは、と思いました。


Ayako's Gourmet And The City



●トロタク

Ayako's Gourmet And The City


ホルモンヌ的にはかなり厳しい評価となりますが、接客がとてもいいので気持ちよく食事ができるお店だと思います☆

そうそう、お土産にカツサンドを渡されるので、翌日の朝食はこれで決まりですねあげ

ラ・トルチュ (広尾)

Ayako's Gourmet And The City 



先月ですが・・・

広尾「ラ・トルチュ」にオジャマしました☆

こちらは、タテル・ヨシノ系列のお店です。



メニューはコースとアラカルトがありますが、この日はアラカルトでシェアして楽しみました。


Ayako's Gourmet And The City 



こちらはアミューズ。
缶で登場するところが遊び心ある演出ですね。


Ayako's Gourmet And The City 



●パテ・ド・アンクルート


Ayako's Gourmet And The City 



●3種のパン


Ayako's Gourmet And The City 



●子ヤギのカルパッチョ

ヤギ特有のクセがしっかりあって、美味☆

苦手な方もいらっしゃるかもしれないですね。

Ayako's Gourmet And The City 



●ブーダンノアール

こちらはナンコツのような部位も入っていて食べ応えある一品に仕上がってます。

Ayako's Gourmet And The City 


●鴨の脂で揚げたフライドポテト

鴨の脂で揚げたものを本場でいただいたことがないのですが、これは言われないと分からないですね。

でもそれはおいといて、ホクホク美味しくて、手がとまらないです^^


Ayako's Gourmet And The City 


●鶉とフォアグラ

Ayako's Gourmet And The City 



●サーモンのミ・キュイ

こちらは好みの火入れとはちょっと違いました。わりと火が入り気味の仕上がりです。

Ayako's Gourmet And The City 


●トウモロコシのクレーム・ブリュレ

トウモロコシのって、珍しいですよね!

Ayako's Gourmet And The City


●小菓子

フィナンシェ

さすがにお腹いっぱいで、残してしまったらお土産に包んで下さいましたあげ

でも連れの方は、しっかり2個完食^^;

Ayako's Gourmet And The City



ビオワインも扱ってましたよ☆


Ayako's Gourmet And The City


お料理は飛びぬけて美味しいものがあるわけではありませんが、

お店の雰囲気がとても可愛らしくて、女子会に使えるお店ですね音符

焼肉・七厘 (三ノ輪)

Ayako's Gourmet And The City 


大好きな焼肉店、三ノ輪の七厘へオジャマしました☆


仕事がら(というか趣味ですかね。)新規開拓が多く、なかなか好きなお店でも頻繁に通うことが出来ないのですが、それでもほんの数店、ご主人と仲良くさせていただいたり通っているお店があります。

それは、美味しいということはもちろんですが、それ以外にもご縁だったり、ご主人の真摯な気持ちに共感できたり、何かしら食べ手の心にササる”何か”をもっているお店、そんなお店には、新規開拓が好きな私でも、魅力には抗えず通っています。


そして七厘もそんなぐっとササるモノをもったお店の一つです。


七厘では最近”悶絶コース”が評判ですが、この日はお任せで。

お任せのコースは焼き物のみで、悶絶コースは焼き物の前に、生肉や肉料理がどーんと供されるコースです。

ですので、数日前からの予約が必要となっています。


でもこのお任せのコースも「七厘」の肉を充分堪能できて、オススメのコースですよあげ



上の写真は”サーロイン”。



Ayako's Gourmet And The City 


七厘の焼肉は、ナニがいいかって、先ずはカット。

磨きに磨きたおしたカットだから、美しいです。

磨きに・・・というのは、余計な脂やスジを取り除く、という事ですが、どこまでを余計と考えるかはご主人次第。

そして、ヘンリー(ご主人)の磨きはとても私の好み。だからとても美味しく感じます。
サーロインのカットでのりしろのように脂がふちに残してあるタイプ、アレが結構苦手だったりします。

多分、見た目的にはいかにもサーロイン!と分かりやすくて、喜ばれるのかもしれませんが、食べると結構脂が重く感じる原因になります。



●うちもも、サーロインの握り



Ayako's Gourmet And The City 



●左がランボソ、右がザブトン

美味しいよ~


Ayako's Gourmet And The City 



ザブトン、キレイに刺しが入ってますね。

しっとり。

七厘ではおもに常陸牛を扱っており、牝のとび牛を必ず使用しています。

Ayako's Gourmet And The City 



●サガリ

この厚み、贅沢!

Ayako's Gourmet And The City 


●これは、部位失念。

Ayako's Gourmet And The City 



●生肉丼

Ayako's Gourmet And The City 


いま生肉問題、ありますね。

10月1日から新基準になりますが、扱うのをやめるお店はあるでしょうがこれで生肉が全てのお店から消えるという事はないと思います。ただ、生食用に商品化して卸すのには新しく設備投資などもあるでしょうから、多少値が上がるかもしれないですね。これでまた焼肉店等、売上げが落ち込んだりしたら大変だなぁと、ニクージョとしてはとても心配ですが、これからもお客さんや肉と真摯に向き合っている優良店はどんどん応援したいと思ってますハートあげ

鳥重 (渋谷)

Ayako's Gourmet And The City 


予約が取れないことでも有名な渋谷「鳥重」まるちゃん風

やっとデビューしてきました☆

今では常連客の予約しか受け付けていないので、常連さんを見つけておねだりです^^



Ayako's Gourmet And The City 


もともとはお兄さまが営業していたのですが、亡くなられて、そこから今のお母さんが引き継いだそうで、もう60年になるそうです。ホントは今年で引退(閉店)と思っていたそうですが、気を取り直してもう一年だけ営業する事にしたそう。なので、まだ行かれたことのない方も、来年一年チャンスが残されましたよあげ


イロイロとローカルルールがあるので、お客さんがこのマニュアル本を作ったそうですきゃぁ~


Ayako's Gourmet And The City 


店内はホントにホントに狭くて・・・

相手を選ぶ事が可能なら、痩せてる方と行かれる事をオススメしますきゃぁ~

うふ。



私は全くルールが分かっていないので、

「飲み物はどうされますか?」とお母さんに聞かれて

「サワーはあるんですか?」と尋ねると、

お母さん

「はあああ?」

とひどくびっくりした顔をされてました^^;

逆にこちらもびっくりです汗

どうやら、ビール、日本酒、ワインのみの様子で、ワインを注文すると

自動的に写真の赤玉的な赤ワインが登場しました!

それにしても、日本酒のような注ぎ方あげ


Ayako's Gourmet And The City 


オーダーは常連さんにお任せして、あとは焼鳥が供されるのを待つばかり。

わくわくです。


先ずはたっぷりの大根おろしが入った器が皆に配られます。

柚子胡椒と醤油はお好みで。

で、これは全部食べてはいけません。

実は取り皿がないので、焼鳥をこの大根おろしの上に乗せて、食べるのです!


Ayako's Gourmet And The City 


鳥重というと、1串のポーションがものすごく多いことでも有名ですね。

下の写真はレバーですが、ゴロンゴロンしてるの、分かりますか??


Ayako's Gourmet And The City 


これがレバーです。

ブルンブルンしてました。


Ayako's Gourmet And The City 



砂肝

スジが残ってるのでちょっとゴリゴリしてて食べ応えあり。

Ayako's Gourmet And The City 



ハツ

Ayako's Gourmet And The City 


合鴨


Ayako's Gourmet And The City 



白レバー

これはホント美味で幸せ☆


Ayako's Gourmet And The City 



しっぽ

ボンジリ、大好物です。

次回は一人で一本食べます!(宣言)


Ayako's Gourmet And The City 



だんご

これは正直イマイチでした。


Ayako's Gourmet And The City 


勝手が分からなかったので、1串を4人でシェアして沢山の種類をと思ったのですが、

やはり適度なポーションを一人で食べないと、なんだか満足感がないですね。

1本を二人でシェアするのが適量な気がします。

一人一本はちょっと多いかなぁ、という感じです。


Ayako's Gourmet And The City 



そして、最後、お母さんが

「さあ、では、最後まいりましょうか!」

と気持ちのいい声で皆に声をかけて

このスープが供されます☆

このスープのために、大根おろしも少し残しておくのがコツです。

Ayako's Gourmet And The City 


念願の鳥重、しっかりと堪能しましたハート

今年一杯は予約が埋まっているそうですが、

また行きたいので、別の常連さんにお願いしているところですあげ


そうそう、お会計がおひとりさま1,800円ほどだったのにも驚きです!

吉柳 (恵比寿)

Ayako's Gourmet And The City 



恵比寿のカレー屋さん「吉柳」。

人気のお店ですね。

特別カレー好きなわけでもない私にも、自然と情報が入ってきます^^



Ayako's Gourmet And The City 


この日はヨーグルトカレーという聞きなれないものがあったので、そちらに。

写真のお皿の奥にあるルーがヨーグルトカレーです。

挽肉のカレーですが、思ったほどヨーグルトは前面には出てなくて、隠し味程度のようです。


それにしても、カレーって腹持ちがいいですよね。

ヴァリノール (荻窪)

Ayako's Gourmet And The City




最近、グルメ界では中央線がアツい!!

と以前もお話ししましたが、今日ご紹介するレストランもその中央線沿線「荻窪」駅から徒歩数分にある

フレンチレストラン「ヴァリノール」です。

実は私が好きなフレンチレストラン「レヴェランス」でシェフをされていた相原シェフのお店でもあります音符

昨年私が「東京絶品ホルモンガイド」を出版した際に、お祝いの会をレヴェランスで開かせていただいたのも相原シェフがいらっしゃるときだったので、その相原さんがお店を出されたのは、とても嬉しいです☆


週末のランチでオジャマしたのですが、場所柄ご近所さんの普段使いのお店でもあるので

コースは1,500円、3,000円とかなりお手頃な価格です。

今回頂いたのは3,000円のコースです。



アミューズは

レヴェランスのときから定番だった

●黒オリーブのフィナンシェ

私が大好きだったのを覚えていてくださって、2つも出してくださいました^^



Ayako's Gourmet And The City


シャンパーニュで☆


Ayako's Gourmet And The City


パンはフォカッチャ。


Ayako's Gourmet And The City



●鹿と豚の血のテリーヌ

ブーダンノアールが肉肉しくなったようなテリーヌ!

黄色は、カボチャとレモンのソース、こげ茶はチョコレートのソースです。

かなり好みでしたあげ

Ayako's Gourmet And The City


私の胃袋仕様で、少し厚切りにして下さったそうです・・・ぺこ

お気遣いありがとうございます!


Ayako's Gourmet And The City



●明石のハゼのコンフィ クスクス添え

ピンクのソースは赤玉ねぎ。

Ayako's Gourmet And The City



このお皿の可愛らしさ、写真では伝えきれませんね。

ピンクとグリーン、くすくすの黄色、パステルカラーがキュートですまるちゃん風

Ayako's Gourmet And The City



●仔羊と京野菜
この仔羊が・・・!レア具合と皮目の香ばしさとが美味。

手前の赤いとうがらしは京都で400年の歴史がある農家から取寄せたものだそうです。

鹿からとったソースも美味しくて、相原さんのソースはレヴェランスのときから好きでしたが健在です好


Ayako's Gourmet And The City



●スイカのコンポートとソルベ メレンゲ

こちらは和風の器で登場!

蓋をあけるととても色鮮やかなスイカのコンポートとソルベが目に飛び込んできて、思わず

わぁ~と嬉しい声が出てしまいました。

塩メレンゲは、ローズソルトと一緒に。

スイカと塩メレンゲ。いい流れですね!

Ayako's Gourmet And The City



スイカのコンポートだなんて、初めていただきました☆

ほんのりとろっとした食感になっています!美味!

私、スイカ大好物なので、余計に嬉しいです。

Ayako's Gourmet And The City



相原さんのお料理、レヴェランスのときに知っている方がこちらでいただいたらきっとびっくりすると思います。

というのもレヴェランス時代に抱いていた相原さんのお料理に対する印象と全く違う新しい世界観が広がっていたんです。これがホントの相原さん自身のお料理なんだろうと思います。

一皿一皿、お料理の味わいも、目にも満足度が高くて、これはあっという間に人気が出そうですね。


さっそく近いうちに再訪する予定です☆