三嶋亭 (京都・三条)

Ayako's Gourmet And The City


関西二日目に、京都の「三嶋亭」へオジャマしました☆

こちらは130年の歴史のお店ですが、京都では創業100年はまだまだ新参者と言われていますよね。


ご一緒したのは、関西・焼肉の女王いかりんさん

昨年の京都肉ツアーの際に、大阪で焼肉をご一緒してからのご縁。

今年に入ってからも偶然TV番組のお仕事でご一緒する機会もありましたが、お肉をご一緒するのは一年ぶりで嬉しい限りです^^


お店の前にいくと、なにやらものすっごい行列が!

え~、予約しておいて良かった。と思ったら、どうやら精肉売り場の行列で、この日は特価セールのチラシが入った日だったそうです。さすが、人気店なんですね。


Ayako's Gourmet And The City


この日はすき焼き2種類のコースをいただいてみました。

・お昼のコース 4,505円

・上コース 8,085円(夜のコースと同様です。)


下の写真がお昼のコースのお肉。

「三嶋亭」では、銘柄指定はしておらずその時々のいいものを仕入れているそう。

なので、日によって提供される銘柄は変わりますが、この日は徳島の牛、肩ロース100gです。

お昼のお得なコースのお肉なので、余分なスジや脂がついたままで食べたときに口の中で若干ストレスを感じます。それでもこの牛のリブロースが特選に使用されているくらいですので、肉質自体には満足できます^^

お値段とお店の雰囲気、接客トータルで考えたら、やはりお昼のコースはCPがいいですね。


Ayako's Gourmet And The City



下の写真が上コースの宮崎の牛のサーロインです。

さすが、キレイに磨かれたカットです。

Ayako's Gourmet And The City

野菜はやっぱり京都なので、九条ネギ☆

美味しいですよね~。

Ayako's Gourmet And The City


先ずはランチ用のお肉から、仲居さんが手馴れた様子で焼いて下さいます。

この関西風のすき焼き、私は断然関東よりも好みです。


Ayako's Gourmet And The City



砂糖をぱらぱらふりかけて、焼けてきた頃に醤油をたらしますが、関東の煮込みのタイプに比べて、関西のは、肉自体の美味しさが損なわれることなく、さらにパワーアップしているように感じます。さすが、牛肉文化が根付いている地域での料理方だと感じます。


Ayako's Gourmet And The City



個人的好みですが、お肉は溶き卵につけないでそのままで、あるいはご飯と頂くのが好きです。

野菜類は卵をつけて☆

Ayako's Gourmet And The City



上コースのデザートはメロンとなしでした。

お昼のコースはオレンジです。


Ayako's Gourmet And The City


すき焼き、久しぶりにいただきましたが、いいお肉だとやっぱり美味しいですね~。

サシがしっかり入っていてもいいお肉だともたれないのは、やっぱり焼肉と一緒ですね。


三嶋亭ではセシウムが検出された牛を仕入れたことで、騒ぎになりましたがその後はちゃんと専門業者さんへ検査を出しているので、今では安心安全なお肉を提供しています。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中