ヴァリノールでディナー (荻窪)

Ayako's Gourmet And The City 


お気に入りのフレンチレストラン「ヴァリノール」へ。

ずっとランチでの訪問だったのですが、ランチの満足度が余りにも高いのでそれではと、ディナーでもオジャマしてきました^^

上のお写真は定番アミューズの黒オリーブのケークサレとチーズのグジェール。

アミューズはそのレストランで最初に目にし口にするお料理。

これから始まるコースへの期待感を大きく左右するお料理だから、一見おまけ的ですが、食べる側の心理面には大きな影響を与える存在だと思います。

もちろんヴァリノールのアミューズはテンションあがる一品あげ

コースの前に・・・

京都で400年続く農家・樋口農園のお野菜”赤カブ”を供して下さいました。

シンプルにお塩でバリバリいただき、お料理の登場を待ちます。



Ayako's Gourmet And The City 



●アジと赤たかがみねのカクテル仕立て


Ayako's Gourmet And The City 



●オマール海老、秋トリュフの香り

う~ん、これぞフレンチの醍醐味!!といった美味しい要素がぎゅっと凝縮された一皿。

秋トリュフの香りとスープの上品さとが堪らないですね。

Ayako's Gourmet And The City 



●ブーダンノワール

ほんのり温かいブーダンノワール。

前回頂いたものからまた少しアレンジしたような形で、ひよこ豆のソースで頂きますが、ブーダンノワール自体にもスパイスが効いていて引き締まった味わいです。

相原さんに、前回とどっちがいいですか?と聞かれたのですが、個人的には前回が好みでした。(とお伝えしました。)だって、あれはホントに美味しかったもの。でも、この日同席した方たちはもちろんこのお料理を美味しい!!と言っていたので、どちらも美味しいブーダンノワールです^^


Ayako's Gourmet And The City


●冷製フォアグラ
ワインのジュレがフォアグラのテリーヌの上に覆いかぶさっていて、キラキラ光っています。

赤いソースはピキオス。

それぞれをマリアージュさせると、しっかりした味わいで美味。冷製のフォアグラが苦手という友人もこれは美味しいと言って喜んでいました。


Ayako's Gourmet And The City 


●鹿肉のポワレ、ポワブラードソース

鹿肉自体の味わいはしっかりしていて、肉質はとても柔らか。牛肉のヒレのようです。

ソースは血が使われていて、凝縮させていくうちに凝固した血がざらざらとした舌触りでアクセントになります。


Ayako's Gourmet And The City 


●黒胡麻のアイスとヘーゼルナッツのビスキュイ

今回のデセールは目の前に登場してびっくりしました!

いつも繊細で美しかったり、ちょっとロマンティックなデセールを出して下さることが多いのに、

これはかなり大胆、イタリアン的なデセール!

相原さん、こういうデセールも作るんですね。

黒胡麻がすっごく濃くて美味しかったです。


Ayako's Gourmet And The City 



●プチデセール

いつも最後まで手抜かりなく美味しいですね~

Ayako's Gourmet And The City 


相原さんのお料理を頂くと、改めてフレンチの良さを再認識させられます。

クラシカルとモダンの具合がちょうどいいから、素直に受け入れられる。

相原さん、上品で優しいフレンチを作る方ですね。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中