レヴェランス (広尾)


Ayako's Gourmet And The City 


●ローラン・ペリエ キュベ・アレクサンドラ・ロゼ98
こちらは自分の知っているロゼとは全くの別物。濃い飴の

ような
香が特に印象的。ピンクではなくセクシーで気品あるオレ

ンジ色。娘を思って作った品だそう。

3週間以上経った今でも脳裏に焼きついています。


ディナーで広尾「レヴェランス」へ。

この日はちょっと特別な会、シャンパーニュの会でした。題して「狂ったシャンパーニュの会」!

何が狂っているかって、こんな豪華逸品たちを同時に頂いてしまうの??!といったラインアップです。

大先輩のご好意で、彼の秘蔵のワインたちをいただく事が出来ました。

そして、素晴らしいシャンパーニュを開けるのに相応しいのははやり亀山さんのお店「レヴェランス」ですね。

彼のストーリー性のある組み立ては、お料理やワインだけでなく会話にも現れているような気がして流れるようなステキな時間を過ごす事が出来ます。

ただ、同時に賛否両論あるレストランでもあります。

亀山劇場に惚れているファンがいる一方、その劇場が好みでなく二度と足を運ばなくなってしまう方もいます。

でも、レストランってだから楽しいんですよね。

いろんな個性が各レストランで育って欲しいですよね。



Ayako's Gourmet And The City 



<左から(実際に頂いたのは右から)>
クリュッグ クロ・ダンボネ96
クリュッグ コレクション85
ジャック・セロス シュブスタンス
ビルカール・サルモン キュベ・ニコラ・フランソワ98
ローラン・ペリエ キュベ・アレクサンドラ・ロゼ98

Ayako's Gourmet And The City 

クリュッグ クロ・ダンボネ96
クリュッグ コレクション85
は、最後肉料理のときに、同時にのみ比べでいただきました。
最初はコレクションの方が断然好みで飲み始めたのですが、時間の経過とともに甲乙つけがたくなり、最後は分か

らないまま終了・・・
コレクションは空けた瞬間から完成度高く品がありバランスの取れた香と味わいで、それはもう、うっとりでした。

Ayako's Gourmet And The City 


この日はいただくシャンパーニュに合わせたお料理をいただきましたが、まさにシャンパーニュとお料理のマリアージュが素晴らしくて、何だか前回オジャマしたときよりもお料理が3倍くらい美味しく感じてしまいました。

でも前回はランチでしたから、やはりディナーでオジャマしないと、というところではありますね。


●むっちりとした火入れのホタテの下には何かの肝ペーストかな?と思ってしまうような複雑な味わいのトリュフのペーストが隠れています。そして、クリームのアイスクリームを添えて。これらのマリアージュはホント、素晴らしかったです。

昔のフレンチレストランのランチでは、ホタテ料理が出ることが多く、おそらくコスト的な問題もあってホタテに落着くのだとは思うのですが、大抵どこも同じような仕上げでカレー風味のお店が多かった時期がありました。

これが個人的にはとても好きでなくて、どこも同じだから飽きてしまうし・・・という、ホタテへの印象を覆してくれたのが、エキュレ・後藤さんのホタテ料理でした。(今は後藤さんは卒業されてます。)

そのホタテを一緒にいただいて、私のホタテエピソードを知っている亀山さん、ニヤリとしながらこちらを供されました^^

そんな些細な事までしっかり覚えてくださっているところがまたニクイですね。


Ayako's Gourmet And The City 


●サーモンの燻製

シャンパーニュの泡とともに

サーモンのお料理って実は苦手です。

どんなに美味しいサーモンでも最後口の中に、特有の魚臭さが残るのでそれが苦手なんです。

でも今回のお料理は驚きました。それが全くないサーモンで、燻製の具合が程よかったからなのか、他に何か技があるのか・・・、謎です。蜂矢シェフに最後聞けばよかったなぁ。今度聞いてみよう。


Ayako's Gourmet And The City 



●白身魚と根セロリ

根セロリが旬ですね☆

根セロリ大好きです。

見た目はかなりシンプルですが、お味は根セロリの輪郭がしっかり浮き出ている美味しいお魚料理。

シャンパーニュとの相性ももちろんよかったです。

Ayako's Gourmet And The City 


●メインは鴨肉とフォアグラ

このときは素晴らしいクリュッグ2本が登場だったので、正直そちらに意識集中。

この私が、肉の記憶がございません。


Ayako's Gourmet And The City 


デセールはチョコレートアイスとクッキーにココナッツソースをかけたもの。

最後はさらっと、口の中で解けていくようなデセールで〆。

Ayako's Gourmet And The City 


いつもは必ず亀山ブレンドコーヒーをいただくのですが、亀山さんが勝手に?熟成させたというファーストフラッシュの茶葉があるというので、皆でそちらをいただきました。


Ayako's Gourmet And The City 


ミニャルディーズも可愛らしいですよね。


Ayako's Gourmet And The City 

んー、ホント、贅沢で幸せなひと時でした。

ご招待くださった大先輩からは「こんな贅沢なお酒しか飲めない女性にならないでね。」とくぎを刺されました^^


そしてこの日はミシュランの☆をついにレヴェランスが獲得したみたいだね?というような前祝的な雰囲気に包まれての乾杯。そして数日後、正式に星を獲得した事が発表されました。

仲間内では今頃星を獲得なんて遅いくらいで、以前からずっとレヴェランスが取らないなんて・・・と嘆いていましたが、やっと獲得してよかったですね。

ミシュランも賛否両論でしょうが、ないよりはあったほうがいいですからね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中