ル・ベルクレイ Le Berkeley (白金高輪)

Ayako's Gourmet And The City 


年末最後の外食は、夏にオジャマしてとても気に入ったフレンチレストラン「ル・ベルクレイ」へ。

こちらは内臓料理に特徴を感じるお料理を提供しているので、非常にホルモンヌ好みなフレンチレストランです☆

今回は5,500円のコースを。プリフィクスでどれも興味深いお料理のラインアップなので迷ってしまいます。

●アミューズ

鹿肉のカルパッチョ

ギュッと凝縮された鹿肉の旨みとシャンピニオンのマリアージュは幸せなスタート。



Ayako's Gourmet And The City 



ここからはどれもお料理をシェアしていただきました。


●冷製鶏レバー ロゼ仕上げ オレンジのピュレ

同店の内臓料理は夏に頂いた内臓ソーセージもそうでしたが、素材そのものを活かしたまま上手く手を掛けているので、ホルモン好きには堪らないお料理ばかり。

こちらのお料理はよくあるペースト状ではなく素材のままの状態を寄せて仕上げているので、レバーを食べている実感を最大限に味わえる一皿です。



Ayako's Gourmet And The City 


●青首鴨のトゥルト フォアグラ風味
こちらも青首鴨の肉肉しさ全開で、ホント美味でした。


Ayako's Gourmet And The City 



●数種類の貝と根セロリの軽い煮込み 黒トリュフ風味

貝好きであり根セロリ好きでもある私の舌を大喜びさせた逸品。

黒トリュフと根セロリの風味のマリアージュは素晴らしいですね。



Ayako's Gourmet And The City 


●りんごのコンフィとブーダンノアールのナポレオン ピメント風味

夏に頂いたときのフルーツはバナナでした☆

こちらのブーダンノアールは滑らかで、スイーツのように甘い仕上げ。

私はもう少し大人なブーダンノアールが好みですが、フルーティな仕上げのブーダンノアールの中ではかなり好みです。表面がさっくり、中がほっくりしていて、デセールみたいです。


Ayako's Gourmet And The City 




●仔牛ロニョンのソテー 茸添え

たまに臭くてどうにもならないロニョンが出てくることがあるので念のため確認してオーダーしましたが、クセが程よくて、まるでシビレみたいな味わいのロニョンで美味でした。



Ayako's Gourmet And The City 


●雷鳥とフォアグラのパイ包み

この辺りでさすがの私も結構お腹いっぱいになりつつ、でもガッツリ頂きました。

Ayako's Gourmet And The City 



お店に入った瞬間ものすっごく甘くて香ばしいいい香がしたのでお店の方に伺ってみるとちょうど雷鳥料理を作っているというので、もうその香にやられて迷うことなくメインの一つをこちらにしました。

大好物のフォアグラと黒トリュフもゴロっと入っています。

厚切りの黒トリュフ、噛みしめるとガソリンみたいですよね。

ソースは内臓、はちみつ、赤ワインで作ったそうですが、初めて頂く味わい。

ちょっと表現し難くて、難しいですが、重くて尖った味わいに感じました。

Ayako's Gourmet And The City 

●ニューヨークチーズケーキ

こちらのシェフは数年アメリカにいらしたそう。何でもアメリカにあこがれていらっしゃるそうです。

だから店名にも「バークレイ」とその気持ちが現れていますが、フレンチレストランだから「ル」くらいつけたほうがいいのではないかしら、という事で今の店名だそう。


このニューヨークチーズケーキは本場の粗いものと日本の繊細なものの中間を目指して作ったそうです。

Ayako's Gourmet And The City 


●サヴァラン

見た目がドーナッツみたいでかわいいですよね。



Ayako's Gourmet And The City 


しばらくシェフの内臓料理を目当てに通いたいと思います☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中