車力門 ちゃわんぶ (荒木町)


Ayako's Gourmet And The City




最近、人生の後半から足を踏み入れようと思っていた「日本料理」というジャンルに少しずつですが足を踏み入れ始めています。人生の後半って何歳を想定しているの?というそもそもの疑問もありますが、私の中では40歳を想定していたかなぁ。そうしたところ一昨年に、京都の阪川でとても美味しい鱧と鮎のお料理を体験してから、予定よりも少し早く日本料理を知りたくなってしまいました。昨年は「緒方」にオジャマすることも出来きて、美味しかったことはもちろんの事、洗練された、シンプルな世界観に魅了された事も拍車をかけたような気がします。


ということで、この日は友人にお誕生日会をひらいていただき、「ちゃわんぶ」へ。

こちらは2度目の訪問になります。(一度目はBlogには載せてません。)


上の写真は

●蛤のお出汁

蛤の火の入り具合は絶妙で、ぬるんっとした食感。お出汁も美味。


そして、下の写真が

●赤飯

お祝いごとなので!!

うれしいなぁ。綺麗な味わいの赤飯。

何より、器が素敵で、赤飯にとても合ってますね。

Ayako's Gourmet And The City



●白味噌

牛出汁だから、味わい、旨みがまろやかながらもしっかりしていて、非常に美味しい一品でした。

牛肉好きとしても感激。


Ayako's Gourmet And The City



ここで一度、牛出汁を口の中でキルために、キレのいい日本酒を出してくださいました。


Ayako's Gourmet And The City

●鮪、鯖、雲丹

Ayako's Gourmet And The City



●カラスミ、鱈子の粕漬け、小茄子の土佐酢漬け

カラスミ、鱈子はもちろんですが、この茄子が美味しいこと!!

Ayako's Gourmet And The City



●穴子茶蒸、牛蒡、小蕪
今回のお出汁は前回よりも塩梅が良かったです。

美味。


Ayako's Gourmet And The City


●聖護院 蕪蒸し

これは、美味しくて美味しくて、夢中でスプーンですくって食べてしまった一品。

人生の蕪蒸しのなかで、TOPクラスに躍り出た気がします^^v


Ayako's Gourmet And The City




●海老芋

海老芋発祥の地といわれている富田林のものを使用。

食材にもコストかけてますね。

海老芋は蕪や大根に比べて味付けが難しい食材だそうで、お出汁同様、こちらも前回よりも良くなってました。


Ayako's Gourmet And The City

●和牛 あぶり

前回はヒレカツを頂きましたが、今回はこちら。

でも、こちらのヒレカツメチャクチャ美味なんです。

一昨年に京都のくいしんぼー山中で頂いたヒレカツには余りの美味しさに衝撃を受けましたが、東京ではこちらのが一番かなぁ。


Ayako's Gourmet And The City



最後、お食事に。

Ayako's Gourmet And The City



●鮑ご飯

まだシーズン前ですが、よく手にはいりましたね?

香りよく、美味でした。


Ayako's Gourmet And The City



●お味噌汁

美味しい油揚げががっつり入ったお味噌汁。

Ayako's Gourmet And The City



ご主人の武澤さんが作るお料理、まだまだ発展途上中で、安定しない部分もあると思うのですが、でも彼の作るお料理はなんだか私のツボにハマルというか、要はとても好み。

同年代なこともありますし、これからずっと彼のお料理の進化を見守り続けたい、そんな料理人の一人です。



さて、ここからはおまけ、というか、

この日は私のお誕生日会だったので、友人達がいつものようにケーキを用意してくれました☆

このグループでお祝いするときはプレジールの捧さんに、主役の好物やイメージを伝えてそれに合ったケーキを作ってもらうのが慣わし。今回、このケーキのテーマは私が好物の”キャラメル”です。


Ayako's Gourmet And The City



奥が私のケーキ。

手前はもう一人同じ1月が誕生日の友人のもの。彼女のビジュアルにピッタリな可愛いマカロンでデコレーションされたケーキでした。

味は私のケーキの勝ち(笑)

6人でホールケーキ2個をたいらげたので、苦しい、苦しい。

Ayako's Gourmet And The City


ちゃわんぶ、定点観測店入りしました☆

ただね、質素にやりくりしているまだまだこれからのお店なので、店内は奥に6人の個室、入り口はカウンターと、とても小さなお店。個室は綺麗に改装したばかりなのでいいのですが、カウンターは、日本料理店でイメージするような華やかさはありません。

その辺を期待しないで利用して欲しいです。



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中