L'AS (表参道)

Ayako's Gourmet And The City



今年OPENしたばかりのフレンチレストラン「L’AS」へ。

こちらは、カラペティバトゥバの初代シェフ兼子さんが独立しオープンさせたお店です。

カラペティは、お料理の美味しさもさることながら、あの長くてすっきりとしたカウンター席と普段使いしやすいリーズナブルさもうけて人気のお店で、私もオープン当初に数回オジャマし、昨年秋ごろにも一度オジャマしました。

ただ、実はあまりドンピシャで私の好みのお料理というわけではなくて、何かちょっと違うなぁ、と思っていました。

それだけに、今回兼子シェフが独立して縛りなく、彼のやりたいようにして形にしたお料理はどんな様変わりをするのか、その点に非常に興味がっての訪問だったのですが、結論を言いますと、元レヴェランスシェフの相原さんと同じ現象。L’ASの兼子シェフのお料理の方が何倍も好みでした☆


Ayako's Gourmet And The City



お料理は5,250円の一本勝負。

魚、肉、とともに供されるフルコースなのに、かなりリーズナブルな価格設定で、いいの?と心配に。


上の写真は、モッツァレラとオリーブ。

カンテのスペシャリテを一瞬思い浮かべましたが、モッツァレラのぷるんっとした食感はエロティックだね、とご一緒した方のお言葉。うん、確かに。



●前菜がマコモタケのロースト

オーブンで長時間じっくり火入れしたマコモタケ。

一見地味な食材ですが、フレンチのシェフの腕にかかるとあっという間に華やかな食材へと昇華しますよね。そういう一皿に出逢うと、フレンチってやっぱりすごいなって思わされるのです。


Ayako's Gourmet And The City


●前菜2皿目は、コーヒーとカカオのチュイルで包んだ冷たいフォアグラ

これは大阪のハジメにインスパイアされたものでしょうか。

ポーションが大きめで、チュイルの甘みも強いので、後半少し飽きてしまいますが、ソムリエの田辺さんが合わせてくれたトカイとの相性は抜群でした^^


Ayako's Gourmet And The City



●アンコウのポッシェ

アンコウの下には豚足のねっとり感と、アサリのジュが。

これは私にはドンピシャで好みのお料理。

フレンチのお魚料理って、無難に仕上げていて個性がないことが多いのですが、たまにこうやってグッと来る一皿にめぐり合うときがありますね。これもその一つ。そういう時こそ、シェフのセンスの良さを感じたりします。

連れもこちらの一皿はかなり気に入った様子でしたが、実はこの日別のテーブルに知り合いがいて、翌日話したら、彼はこのお料理が苦手だったそう。豚足とアサリの香が苦手だったそうです。もしかしたら好みが分かれる一品なのかしら、とは思いますが、豚足が苦手でなければ大丈夫だと思います。

あと、名脇役としてお皿に散りばめられた山椒があげられますね。

山椒というとそれ一つが突出して香ってしまいがちですが、他の食材もしっかりとした個性を持っているので負けずに上手く調和していた印象です。


Ayako's Gourmet And The City



メインのお肉料理はどんな様子かしら、とわくわくして待っていたら・・・

兼子シェフがこちらを持って登場。

恐竜の卵のようですが、和牛フィレ肉の塩包み焼きだそうで、やられました!

まさか塩包み焼きを二人のポーションで提供されるなんて思ってもおらず・・・。

兼子シェフのセンスがここでも垣間見られた感じです。


Ayako's Gourmet And The City



仕上がって登場したのがこちら。

それこそフィレ肉がつるんっとしていて艶かしい・・・

塩気が浸透しているからしっかりした味わいでいて食感は滑らかで柔らかく、フィレ肉のよさが最大限に引き出されていた一品でした。

そして、さらに感激したのが、冷めても美味しいってこと。

余りにおいしくて、田辺さんが合わせてくださったロゼと一緒にゆっくりと味わっていたのですが、最後冷めていても美味しさがちゃんと残っているんですね。


Ayako's Gourmet And The City



デザートの前に

バジルとトマトのジュレ

こちらにお好みでオリーブオイルをたらしていただきます。

このアヴァンデセールも美味でした☆

Ayako's Gourmet And The City



●カボチャのプリン

デザートはかぼちゃのプリンと聞いて、ある程度の単純なものを想像していたのですが、これも最後の最後でハートをグサリ。

カボチャプリンの中央にあるカラメルソースは相当ほろ苦くて、写真だと分かりにくいですが、ミルクの上にカボチャが浮いているので、そのミルクと上手く調和して和らぐんです。

見た目も目玉焼きのようで可愛らしいですね。

Ayako's Gourmet And The City


なんだか最初から最後までハートをキュンキュン、グサグサやられっぱなしの5,250円のコース。

思わず兼子さんに、大丈夫なの?って確認してしまったくらいのCPのよさです。

あまりCPを連呼したくないのですが、これはせざるを得ません。

かなり業界泣かせなお店になるのでは?

正直、予約が取れなくて有名なBacarの何倍も好みでございました。

そしてソムリエ田辺さんの選んでくださるワインと自分の好みとの相性もよくて、なお嬉しいです。

お料理は2週間に一度変るそうなので、これは常連が相当増えるでしょうね。

広告

「L'AS (表参道)」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    行ってきました♪
    そして、じっくり読ませていただきましたっ
    お肉の出現!すごいですねっ
    私は、羊だったわけですが、こちらも
    美味しかったですっ
    まさに、私もあの予約の取れないお店さんよりも、何倍もずしんときましたっ!!
    小口さんが、ツイートされなければ知らなかったー
    ありがとうございましたっ♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >yuricoさん
    L'ASの記事拝見しました☆
    yuricoさんがいただいたお料理も美味しそうですね~。私も予約が取れないお店になる前に再訪したいなぁ。
    楽しんでいただけてよかったです^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中