カルネヤ (牛込神楽坂)

Ayako's Gourmet And The City 



4年に一度のニクの日(2月29日)は、西のホルモンの巨匠とカルネヤへ。

師匠が上京していたので、ご一緒してきました。

東の「ゆうじ」、西の「やまがた屋」、って感じでしょうか。

あるいは、日本一高いホルモン屋、でもあります。

そんなやまがた屋、一時休憩で閉店していたのですが、パワーアップして戻ってきました。

今度はホルモンだけでなく、熟成肉とかも扱っちゃうみたいですよ^^

探究心旺盛なやまがたさんらしくて、話を聞いていてこちらもわくわくしちゃいました。

久々、熟成肉談議したなぁ。

Ayako's Gourmet And The City 



カルネヤの前に、お店で使う用のトングを購入してたみたいで、おもむろにカルネヤのテーブルの上でトングとりだして、「みて、これいいよ~!いいのみつけたよ~!」って、トング握り締めていました。

冷静に考えると不思議な光景・・・。


先ずは短角牛のカルパッチョを頂いて、次に牛レバーを頂いて、

そしていつもの熟成牛のカツレツ。

何度頂いても飽きない一品。


Ayako's Gourmet And The City 



そして、上の写真が赤うしの塩麹ソース。

赤うし、こちらのブログでは何度も登場し、そのたびに赤うしはイマイチ。といい続けてきましたが、このお料理は赤牛にないもの、足りないものを塩麹ソースで補っている。そういう一皿に仕上がっていて、非常に美味でした。

赤牛は赤身自体の味わいが薄いんです。だからただ焼いて食べるだけではかなり物足りなくて、そこを旨み成分たっぷりの塩麹ソースが補っている形。

火入れも完璧で素晴らしい。


シェフのいさみさんは、赤うしCPの活動にも力を入れているみたいなのですが、さすが、よく理解されてるなぁと思いました。


これだからついつい、気がつくと月一で通っちゃうんですよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中