一会 (広尾)

都内で好きな割烹料理屋の一つ、広尾の「一会」へ久しぶりにオジャマしました。

(といっても、こちらも大分前の記憶となります。)


ご主人の渡部さんが作るお料理はとてもシンプル。

予算の中でいかに完成度高くお料理を納めるか、という事に知恵を働かせた結果なのでしょうか、

御造りを出さない構成で料理の提供をされています。

その鮨屋の良し悪しや自分の好みを確かめるのであれば、つまみを食べずに握りだけを食べればよいとよく言いますが、その感覚に近いものがありますね。


あまり冒険をしたり枠を飛び跳ねるようなお料理は出ませんが、お出汁が好みであれば、最後まで美味しくいただける渡部さんのお料理。

逆に華やかさであったり、食べ応えのようなものを期待するのであればあまり向かないと思います。

ちなみに渡部さんが出身の「霞町すゑ とみ」も好きな割烹料理屋の一つでオススメですが、末富さんが決して誰にでも愛想のいいタイプではないので、その辺りは心してから行ったほうがいいですね。

それに対して渡部さんは、とても穏やかでふわっと柔らかい物腰ですが、お話していると渡部さんのお料理に対する信念のようなものがじんわりと、でもしっかり伝わってきます。信念がしっかりとあるから、華やかさや派手さはなくても、しっかりと軸を感じるお料理がいただけます。



●先付 海老芋

器のセンスがよろしいですね。


Ayako's Gourmet And The City 


●飯蒸し

飯蒸しは個人的にとても好きな存在で、もち米が好きだからというのもありますが、どちらの割烹で供されても嬉しい一品。


Ayako's Gourmet And The City 



●お椀 小松菜

渡部さんらしい、潔いシンプルなお椀。お出汁に自信があってこその一品。


Ayako's Gourmet And The City


●八寸 くちこ、カラスミ、海鼠

渡部さんのくちこの大ファンで、大切に少しずついただきたいくちこです。



Ayako's Gourmet And The City


●蒸し物 蕪蒸し

蕪蒸しというお料理自体が大好きなのですが、中でも渡部さんの蕪蒸しはとても好きです。

ほわほわと優しく、じんわりと美味しさが伝わる蕪蒸し。

Ayako's Gourmet And The City 


●大根の炊き合せ。

かなりシンプル。


Ayako's Gourmet And The City 


●焼き物 赤むつ


Ayako's Gourmet And The City 



●止肴

菜の花、毛蟹


Ayako's Gourmet And The City 



●御食事

渡部さんのところではいつも炊き込みご飯が2種供されます。

贅沢ですよね。

鯛めし


Ayako's Gourmet And The City 



じゃこ


Ayako's Gourmet And The City 


お好みで海苔を。


Ayako's Gourmet And The City 


●甘味 善哉


Ayako's Gourmet And The City 



ん~、こちらも美味でした。

甘味処でいただくよりも随分と美味。

Ayako's Gourmet And The City 


渡部さんの器のセンスも好きです。

お弟子さんが今いらっしゃらないこともあり、席を全て埋める事はしていないそうで一日3組まで。渡部さんが満足いくものだけを供したいという気持ちがそこにも現れていますよね。

真摯な姿勢が好きですね。

いいお店です。

広告

「一会 (広尾)」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中