ちゃわんぶ@四谷三丁目

Ayako's Gourmet And The City



東京で一人1万円台で頂ける日本料理やでは

一番好みで通っている「ちゃわんぶ」。

今年のクリスマスイブはこちらにオジャマしました。

Ayako's Gourmet And The City



和食に詳しくて、好みもあう友人がオススメしていたこともあり

1年ちょっと前に初めてオジャマし、好みだったのでたまにオジャマしているのですが

その当時に比べるとかなり大将の腕が上がっていると思います。

Ayako's Gourmet And The City


この日は連れがなめろうが大好物だったので

大将に事前にリクエストしておいたなめろうを頂きました^^

近所のスーパーや百貨店の鮮魚売り場で聞いたところ

お店にあるアジは釣ってから三日経過しているそう。

(↑スーパーによって異なるはずですのでその点悪しからず。)

対して大将の手元に届くのは12時間だそうです。


Ayako's Gourmet And The City


この日、カウンターのお隣にいらっしゃったご夫婦と

ひょんなことからお話しする機会があり

大将も含め皆で盛り上がりながらの

一体感ある楽しいひとときに。


Ayako's Gourmet And The City



「ちゃわんぶ」では、メインにヒレかつを供して下さるのですが

この日はじっくりローストしたお肉を頂きました。

こちらはプレでお味見として。

Ayako's Gourmet And The City



皆さんは、冬といえばの食材って何を思い浮かべますか?
一般的には河豚とか、蟹あたりでしょうか?

私は個人的には「えびいも」を思い浮かべます。

単純に大好物だからなんですが、大将のえびいも料理が特に好きです。


Ayako's Gourmet And The City


最後、丁寧にローストしてくださったお肉が。

こういう流れもニクージョの私向けです^^

Ayako's Gourmet And The City


大将のお味噌汁はお揚げでしっかりコクがをだしているのですが

とても印象深く、品と大衆性とのバランスが絶妙だと感じさせられるお味噌汁。

こちらも大好きでハマってます。


Ayako's Gourmet And The City



どっさりかかったちりめん。

ご飯は秋田こまちだそう。

小口家もよく秋田こまちを頂きますが

炊飯器のレベルがかなり違うからか、炊きあがり、お米の食感が

食べ慣れている秋田こまちと別物に感じます。


Ayako's Gourmet And The City



葛きりは一人前ずつ、湯煎で仕上げます。


Ayako's Gourmet And The City


以前はデザートはなかったのですが、コースのお値段が当初の8,000円から

12,000円に上がったこともあってか、提供するようになりました。

器も少しずつ新しいものが増え、まだまだ進化するお店でしょうね。


一生、武澤さんのお料理にお付き合いしたいです。


広告

「ちゃわんぶ@四谷三丁目」への4件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中