山灯(やまびこ)@四谷三丁目

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City


すっかりブログ更新がさぼりがちになっているため、ほとんどご紹介出来ておりませんが・・・

最近は加齢のせいでしょうか?

ビストロやフレンチにいくよりも和食、鮨に行く機会が増えています。


が・・・満足のいく和食をコースで頂くには

お料理だけでも1万ちょっとは出さないとないのが悩みの種。

エンゲル係数の高い私でもさすがに毎回その金額はお財布が辛いです。

そんな中、こちらの「山灯」は、4,200円という和食としてはかなり

チャレンジングな金額で提供している料理屋さんです。


上の写真は

●前菜

うるいの浸し、白魚の菜の花漬け、蛍烏賊とアボカドの酢味噌和え

初鰹酒盗かけ、竹の子と蚕豆の白和え


かなりボリューム感のある前菜盛り合わせで、一品ごとの出来もいいです。

これ以降のお料理に期待が高まりますね。


●造り

本日の築地直送 お造り2点

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



●椀

蛤の潮仕立て

蛤の出汁がよく出ています。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



●焼き物

かますの独活舞茸包み焼き


こうきたか!という一品

魚料理は単調になりがちですが、舞茸を魚の身でくるんで焼き上げるとは

これは初めて頂く仕上がりですね。


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City


●強肴

米沢牛ローストビーフ

蕗の薹ソース


こちらは、ソースはよかったのですが、肉繊維の方向が悪いのかな、固すぎて残念。

税込4,200円という金額を考えると黒毛和牛を提供するにはかなり大変なのでは、と思いました。

無理せず違った食材でもいいかもしれませんね。


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



●煮物

蟹と椎茸の蓮根蒸し


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



●鯛飯

土鍋で炊いた鯛飯はかなりボリュームがあるので

自己責任ということでおにぎりにして頂きました。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



●デザート

酒粕のアイス

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City


お酒はぬる燗を推奨しているそうで

冷酒向けの日本酒はおいていません。

この日の連れは、三日後の予約を取って帰っていましたが

お料理は全部違ったものを供して下さったそうです。

私もきっと再訪すると思います^^


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中