一心鮨 光洋@宮崎

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



こちらも5月ですが、宮崎の人気鮨店「一心鮨 光洋」に

オジャマしてきました。

お昼に伺いお任せを。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City


店構えは立派で、料亭のような佇まい。

そして、店内は鮨屋からイメージするよりもずいぶんと広く

驚きます。

ウェイティングのスペースがあり、店内に入るとカウンターとテーブル席

そして、おくには座敷もあるようで、宴会利用が可能となっているみたいです。


滞在中も出前のお鮨がせっせと作られていました。


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



これだけ規模が大きいと、あれ、失敗したかな?と正直一瞬不安になりましたが、結果的には満足して店をあとにすることができたので、よかったです。

さて、

お昼のお任せは握りの前はつまみというより、料理が出てきます。



はもはちょうど走りだそう。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City


滞在中、大将を中心にスタッフの方がみな明るくて

大将のボケにみながツッコミを入れたり、とにかく

会話術のチームワークがとてもいいんです。


大将にそんなツッコミしていいのかしら。なんて思いながら

話していたら、4兄弟で営まれているそう!

なるほどだから息がピッタリあってるのね、と納得しました。


こちらは宮崎のお茶を使ったグラニテ。

お茶らしい渋みがほんのりあって、とても好みでした。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



ここから握りのスタート。

大将の出番です。


こちらのシャリは野菜の出汁で炊いているそうで

4月に確立したばかりだそう。

最初、え?野菜?と思いましたが、なんとも不思議とネタともあって

美味しくいただきました。


そして、握りの形にポイントがあります。

こちらの大将、かなりかっぷくのいい方なのですが

その体型とは正反対のすっとしたスマートな握り。

口に運んだときすんなり口の中にはいってくる形なんです。

これはちょっと初めての体験でした。


ホスピタリティもすばらしく、

また宮崎に行った際には、是非夜に再訪したいです。


ご馳走様でした!


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City




肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中