南青山にもつい最近進出のLe Coutume café@パリ

カフェクチューム

普段はもっぱら紅茶派なんですが、酸味系のコーヒーの美味しさを知ってから、以前よりもコーヒーを頂くのが楽しくなりました。酸味系、最近のトレンドみたいですね。私は知識は乏しいですが、日本だと中目黒の「カフェファソン」が好きです。とくに同店の水出しは3,4日寝かせたものにあたるととてもアロマティックで贅沢な味わいです。

そんななか、先日パリでめちゃくちゃ好みというかエッジのきいたCafeに出逢いました「Coutume Café」。何でもこちらのオーナー、レベルの低いパリのコーヒーの流れを一気に変えた存在だとか。頂いた”カフェクチューム”はとろりとした印象で、酸味がきいているなんててもんじゃないくらいすごい酸味の個性。初体験の味わいで口の中がびっくりしました。かなりエッジがきいた仕上がりで、すごくハマル美味しさ!その個性を和らげるために、チーズと蜂蜜が添えてあるのもナイス。水出しは個人的感想だと日本で好きなカフェファソンの勝利でした。人気店のようで満席で活気に溢れ、スタッフの方の手際のよさもすごい。記憶に残るCafeでした!

という記事が随分ながいこと下書きになっていたのですが、そんな間になんとクチュームカフェが南青山に進出しちゃいました。それはすぐにでも南青山に向かわなければと、早速先週行ってきたのですが、どうやら日本人の好みに合わせて、焙煎は深めにしているそうで、まったく同じものというわけではないようです。スタッフの方と相談して一番酸味の強いものを頂きましたが、パリで頂いたあの強烈な個性はなかったので、パリで頂いた価値はあったなぁ、と自己満足。でも色々と楽しいコーヒーがいただけそうなので、何度か通ってみようかなぁ、と思います。

カフェクチューム

サイフォン(水出し)
サイフォン(水出し)
店内
店内
広告

朝市のあとは「Carette」で朝食。

DSC06983あいにくこの日は朝から雨。非常に寒い朝でしたが、元気一杯、朝市へ!この日も友人夫妻と合流です。朝市を練り歩いていると下の写真のように真っ赤な赤身のビーフが!こういうの買ってステーキにして食べてみたい欲求にかられました。次回はホテルではなくキッチンつきのアパートでも借りて滞在したほうがフランスの食文化を存分に楽しめるかもしれませんね。朝市のあとはタクシーで移動して老舗の「Carette」で朝食を。カフェの近くにはエッフェル塔の眺めのいいスポット”トロカデロ広場があるのでこちらはセットで訪れるのがおススメです!滞在先のホテルから眺めるエッフェル塔もステキでしたが、このスポットからの眺めも迫力があり圧巻です。

DSC06977 DSC06974 DSC06969 DSC06970 DSC06971 DSC06972 DSC06976 DSC06973 DSC06994 DSC06990 DSC06988 DSC06987 DSC06989 DSC06993 DSC06980

レ・ビストロノーム Les Bistronomesでディナーからの味噌ラーメン

DSC06944 ちょうど新婚旅行でパリに訪れていた友人夫妻と合流し「レ・ビストロノーム」へ。お店選びの際に友人からおススメされていたのですが、この日が偶々悪かったのか、同席者4名とも不満足に終わりました。お値段はわりとリーズナブルで、前菜、メイン、デザートで36ユーロ。ブログ更新をサボっていたため、すっかりお料理の記憶が薄れてしまいましたが・・・。予約の際のプレートなど、細々とオシャレな演出はあるのですが、どうもお料理の味わいが好みでなく、メインを残したりもしたので、物足りず。友人夫妻とお店をでて別れた後、偶々通りかかったラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べてしまいました。でも、味覚が満足することと、胃袋が満足することって違うんですよね。お腹は一杯になったけど、パリで味噌ラーメンを食べても味覚が満足するわけもなく・・・二夜連続でセヴェロに行っても良かったくらいです。

DSC06946 DSC06948 DSC06949 DSC06952 DSC06953 DSC06954 DSC06956 DSC06957 DSC06958 DSC06959 DSC06960

白ワイの試飲はCAVEAU MUNICIPALで。@ブルゴーニュ

DSC06924

午後、後半戦は白ワインの試飲です!CAVEAU MUNICIPALという場所で、様々なワイナリーの試飲が可能です。こちらでもいくつか白ワインを調達してきました。セラーで寝かしてもっと美味しくなったら嬉しいですね~。栓を開ける日が楽しみです。

夕方の列車でパリ市内に戻り、すぐにお夕飯です。DIJON駅周辺はパリに比べてのんびりとした雰囲気で居心地がよかったので、のんびり一泊とかしてみたかったです。

18h05 DIJON VILLE
19h37 PARIS GARE DE LYON

DSC06928 DSC06941 DSC06939 DSC06940

とても美味しかった地元で人気のレストラン「Auberge du Vieux Vigneron」

DSC06893ブルゴーニュの郷土料理がいただけるということでご案内いただいたのがこちらのレストラン「Auberge du Vieux Vigneron」。
店内は席数はあり、常連の方がよく利用されている様子です。
この日頂いたランチは、チーズがたっぷり入ったクレープが前菜に。とっても美味で、前菜とは思えないボリューム!そして、蟹や海老の身がたっぷりと入ったクネルのようなメインのお料理。甲殻類大好き、クネルも大好きな私からするととても満足!前菜もメインもさすがフランス、乳製品たっぷりな濃厚な仕上がりで、とても美味です。今回はいただけませんでしたが、店内で炭火で焼いていた牛肉のステーキもとても美味しそうでした。ブルゴーニュに再度訪れる機会があれば、また是非立ち寄りたいお店です。

Auberge du Vieux Vigneron
Route de Beaune, 21190 Corpeau

DSC06897 DSC06898 DSC06883 DSC06890 DSC06905 DSC06894 DSC06902 DSC06900 DSC06891 DSC06887 DSC06885 DSC06889

ブルゴーニュのドメーヌ巡り@Domaine Michel Noëllat et Fils

DSC06869

 

DOMAINE RENE LECLERCの次に訪れたのは
ヴォーヌ・ロマネの「Domaine Michel Noëllat et Fils」。家族経営の前者と比べると随分と潤っているように感じる試飲室の様子でした。
この日はシャンパーニュ地方から上客が着ていたそうで、普段空いていないクラスのワインが色々と試飲が出来てかなりラッキーでしたが、さすがに少し酔っ払いました。プロのように吐き出すことも出来ず・・・。
リーズナブルながらも好みのワインがあったのでこちらでも色々と購入!

こちのらドメーヌを後にし、次は昼食のお店に車で向かいます。ブルゴーニュ地方に着てから車窓からの景色がとてもキレイで、目を奪われます。青空も広くて気持ちがいいの一言。途中お天気雨が降ったのですが、そのあとは虹がでて、こちらもステキ。こういうところに一ヶ月くらい滞在してみたいですよね。

DSC06865 DSC06866 DSC06867 DSC06870 DSC06871 DSC06872 DSC06873 DSC06874 DSC06875 DSC06880 DSC06879