新しくなった「ちゃわんぶ」@四谷三丁目

東京和食のなかでは、大将・武澤さんのお料理が一番自分にピッタリくるので何度もオジャマさせていただいてます。武澤さんのお料理は素材を生かしたシンプルなお料理で、しみじみ美味しくそんなお料理に心をグッとつかまれます。

今年の一月からスタイルが変わり、〆のご飯がお鮨になりました。握るのは武澤さんではなく彼の幼馴染みの鮨職人。おそらく、鮨屋として一人立ちするまで面倒を見るつもりなのではないでしょうか。武澤さんらしい気もします。

この日は、イリコ出汁とずいきのお料理、水なすととろろ料理が特に素晴らしかったです。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中