「鮨 来栖」(西麻布)

幸せの昼鮨。六本木「来栖」へ。世田谷の青柳で十数年修業の後は「あら輝」を含めて十ヶ所以上転々としたという経歴の大将。色味は弱めの赤酢の酢飯と出水の鯵、鹿島のトリガイの握り、最後の巻物は立派な三重のアサリと、魚もいいもの使ってました。ツマミの煮鮑、10貫と巻物で約8000円。客あしらいの上手な大将で会話も楽しませて頂きましたが、唯一不満だったのは握りのサイズが西麻布サイズで小さかったこと。酢飯が大好きで鮨屋にいっているので、食後感が物足りず・・・。次回は握りを大きめにお願いします!

wpid-dsc08560.jpg wpid-dsc08561.jpg wpid-dsc08562.jpg wpid-dsc08563.jpg wpid-dsc08564.jpg wpid-dsc08565.jpg wpid-dsc08566.jpg wpid-dsc08567.jpg wpid-dsc08568.jpg wpid-dsc08569.jpg wpid-dsc08570.jpg wpid-dsc08571.jpg wpid-dsc08572.jpg wpid-dsc08573.jpg wpid-dsc08574.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中