東條 (徳島)

徳島の「東條」へ。
大将は一見さんお断りの高級料理屋「しまだ」にいらした方で、現在は弟さんが大将をつとめられているそう。

「東條」はコース料理6千円、8千円、1万円のほかアラカルトもあり「しまだ」に比べると敷居の低いお店となっています。
この日は8千円のコースを頂きましたが6千円でも十分な気もしました。お料理は季節感を感じさせる飾りつけで拱されるので目でも楽しめます。お椀は水無月豆腐がとてもおいしかったのですが、ピーマンが添えてあったので、香りや味わいがピーマンに占領された印象です。鮎は穴吹川のもの、焼きは浅く塩も弱めです。地元のお客さまのニーズに合わせている部分も多いかもしれませんが、6千円で日本の季節感を楽しめるのはとてもいいですね。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

虎屋 壺中庵 (徳島)2回目

image

徳島の美食といえば「虎屋 壺中庵」は外せない一軒ですね。 「嵐山吉兆」で、創業者 湯木貞一氏の下、焼き場を任されたという岩本氏のお店です。

前回は8月の上旬に訪れましたが、いくつか同じお料理もありつつ、今回は天然鰻をいただくことが出来ました。
岩本さんのお料理はシンプルで派手さはありませんが、大将の実直さが伝わってくるような真面目なお料理で、素材のよさが素直に伝わってくるようなお料理です。

今回頂いた鰻のタレは別添えでも供して下さいますが、とてもあっさりとしたベタつきのないタレで岩本さんらしさがうかがえます。鰻は大将自ら捕りに行くこともあり、生け簀で保管しているのでどこの川のものかは分からなくなってしまうそうですが、何れにしても徳島県産だそう。鮎は安田川のもので、焼きも塩加減も文句なし。
最後のずんだの茶巾の美味しさといったらもう参りました、といった感じで素材の美味しさがよく引き出されていました。

今回、一品だけ岩本さんのお料理のイメージから外れたものがジャガイモを軽く揚げたものに温かいトマトのスープのもの。岩本さんもこういったお料理も作るんだなぁ、と思ったら同席の方も同じことをふと呟いていらっしゃいました。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

名麺堂 (徳島)2回目

昨年に続き、今年も徳島に来ています。徳島の低い山の連なりと海の景色がとてもすきです。

そして、美味しいお店もチョコチョコあります。
「名麺堂」もそのひとつ。昨年地元の方に教わりとてもよかったのでまた行ってしまいました。出汁よりも麺に美味しさを感じます。かけの小340円なり。

image

image

眉山からの景色もおすすめです。

image

image

趙楊(銀座)

常連さんのお誘いで、銀座の四川料理「趙楊」へ。
オーナーシェフである趙楊氏は、四川省成都の迎賓館「金牛賓館」で料理長を務めたという方で、経験と技術は相当な方なのでしょう。

実は学生時代は中国料理が一番好きで、賄い食べたさに中国料理店でアルバイトをしていたことがあるくらい中国料理は好きなジャンルのひとつでした。

さて、この日のお料理は2万円のコース料理。
同店の名物料理であるとともに、幻のレシピでもある「陳麻婆豆腐」はこのくらいのお値段のコースからの提供となるそうで
ランチや低価格コースには別のレシピのものが供されているそうなので、「陳麻婆豆腐」を目当てで行かれる方は注意して下さい。

圧巻の12種の前菜から始まり、乾燥鹿のアキレス腱の煮込み、 豚脛肉の醤油煮込み、干しナマコの揚げ物などが供されましたが
どれも香辛料、調味料の質の高さを感じました。ゼラチン系のお料理が続き、やや飽きる部分もあったのですが、菊花豆腐など繊細で味わい深いお料理も楽しめて、いいコース内容だったと思います。
この日は学生である息子さんがお手伝いをされていて、カメラが趣味だということで話が盛り上がる場面もありました。
因みに、同店今年の9月に閉店予定だそうで、移転先はまだ決まっていないようですので、ご興味のある方はお早めに!

wpid-dsc07818.jpg wpid-dsc07819.jpg wpid-dsc07820.jpg wpid-dsc07822.jpg wpid-dsc07828.jpg wpid-dsc07830.jpg wpid-dsc07834.jpg wpid-dsc07836.jpg wpid-dsc07838.jpg wpid-dsc07840.jpg wpid-dsc07842.jpg wpid-dsc07844.jpg wpid-dsc07848.jpg

 

ウシマル(千葉の松尾駅)

GWになりますが、大好きな千葉の「ウシマル」へ。牛尾駅、千葉の奥地にあります。地産地消の同店を訪れる度に千葉が誇らしくなります。この日は特大の岩牡蠣にテンションがあがり、めかぶをソースに見立てた春子のお料理、伊勢海老のパスタ、何度食べても美味しい取れたて牛乳のヨーグルトとアイス、千葉のビオ赤ワインと大満足な一日になりました。この後、友人に紹介して二組ほど訪問してくれたのですが、どちらもとても満足している様子をみていたら、また早々にオジャマしたくなってしまいました。

この日はとてもお天気が良かったので、食後はテラスに移動。鈴木さんにパリのセヴェロで食べた牛の生ハムが旨みがすごくてとても美味しかったというお話をしたら、超熟成のチーズを日本酒と一緒に出してくださって、アミノ酸量相当すごくなっているチーズを楽しみました。
あとは、この日は赤ワインに千葉唯一のワイナリーのビオワインを頂いたのですが、こちらもとても好みで自宅でも飲みたい!と思ったのですが、生産量が少なく既に完売とのことで。今年の秋にはまとめ買いしようと今から狙ってます。

wpid-dsc08083.jpg wpid-dsc08086.jpg wpid-dsc08087.jpg wpid-dsc08088.jpg wpid-dsc08090.jpg wpid-dsc08093.jpg wpid-dsc08095.jpg wpid-dsc08096.jpg wpid-dsc08097.jpg wpid-dsc08098.jpg wpid-dsc08100.jpg wpid-dsc08102.jpg wpid-dsc08103.jpg wpid-dsc08105.jpg wpid-dsc08107.jpg wpid-dsc08108.jpg wpid-dsc08110.jpg wpid-dsc08111.jpg wpid-dsc08112.jpg wpid-dsc08113.jpg wpid-dsc08114.jpg

「鮨 来栖」(西麻布)

幸せの昼鮨。六本木「来栖」へ。世田谷の青柳で十数年修業の後は「あら輝」を含めて十ヶ所以上転々としたという経歴の大将。色味は弱めの赤酢の酢飯と出水の鯵、鹿島のトリガイの握り、最後の巻物は立派な三重のアサリと、魚もいいもの使ってました。ツマミの煮鮑、10貫と巻物で約8000円。客あしらいの上手な大将で会話も楽しませて頂きましたが、唯一不満だったのは握りのサイズが西麻布サイズで小さかったこと。酢飯が大好きで鮨屋にいっているので、食後感が物足りず・・・。次回は握りを大きめにお願いします!

wpid-dsc08560.jpg wpid-dsc08561.jpg wpid-dsc08562.jpg wpid-dsc08563.jpg wpid-dsc08564.jpg wpid-dsc08565.jpg wpid-dsc08566.jpg wpid-dsc08567.jpg wpid-dsc08568.jpg wpid-dsc08569.jpg wpid-dsc08570.jpg wpid-dsc08571.jpg wpid-dsc08572.jpg wpid-dsc08573.jpg wpid-dsc08574.jpg