尾崎牛生産者の尾崎氏とズッカ@高根公団にて。

先日は尾崎牛の生産者、尾崎宗春さんを囲んでの肉&ホルモンの会が開催されました。お店はちょっぴりマニアックな場所、千葉の高根公団駅からすぐのイタリアン「ズッカ」で、なんとオーナーシェフの宮澤さんは銀座の「グットドール」にいらしたと伺ってビックリしました。数年ぶりに宮澤さんのお料理を高根公団で頂けるとは、千葉県生まれとしては嬉しい限りです。尾崎さんの熱いお話を伺い色々な良い刺激を頂きましたが、これからは作り手側も作っておしまい、ではなく、消費者へいかにその思いや正しい情報を伝えていくか、という作業も大切な時代になってきていると改めて実感しました。お肉を食べながらその生産者さんの笑顔が思い浮かぶ幸せ、もっとたくさんの方に体験してほしいです!

同店では普段から尾崎牛を扱っていますので、お近くのかたは是非お料理を堪能してみてください。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

北山珈琲 (上野)

強烈な珈琲頂きました「北山珈琲」。頂いたのは15年熟成豆の雅と雫のセット2500円。雅は旨味たっぷり、渋みまろやかな珈琲に舌と鼻が驚き、更に感激したのが雫。小さな小さな三口ほどで飲みきるカップに濃厚なアイス珈琲の上にはたっぷり濃厚なクリームと砂糖が少々。デザートのような美味しさの珈琲、完全に参りました。写真撮影禁止、メモも禁止、店内の滞在時間は30分まで、打ち合わせや作業での利用はお断りなど、かなり個性的、勇気のある条件のお店でしたが、そこから想像する店内の雰囲気とは異なり、思いの外居心地は悪くありません。御主人の手元が見えないようにカウンターには木の壁があったり、謎めいたお店ですが珈琲好きであればオススメのお店です。

image

image

image

「コバウ」で隠岐牛を。

何時もの「コバウ」へ。この日は稀少な隠岐牛がでました!隠岐の若手生産者さんとも交流があるので、作り手さんの顔が浮かびながら頂ける楽しさや安心感を感じながら、ありがたく隠岐牛を頂きました。コバウでは全国の牛飼い名人と言われる生産者さんたちの牛肉が頂けるので毎回楽しみです。

隠岐牛 33ヶ月 肩三角
田村牧場@鳥取県 33ヶ月 イチボ、ロース
飯村牧場@茨城県 ザブトン

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

NARISAWA (青山)

数年ぶりに「ナリサワ」へ。三度目の訪問になりますが、全体的な印象は前回と大きく変わりはありませんでした。目の前でパンの焼き上げをするなどのパフォーマンスで楽しませたり、ドレッセが目で楽しめたり、お料理はもちろん美味しいのですが、それよりもエンタメ性に印象が残ります。鱧はフレンチらしく、骨抜きされたものが提供されましたが、私のものには骨が残っていて残念。メインは豚でした。因みにこの日、成沢シェフは不在でした。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

NARISAWA
summer collection,2014

森とともに生きる
森のパン2010
森のエッセンス 里山の風景

沖縄
ウニ・スダチ
灰 2009 海岸の風景
祇園祭
活ラングスティーヌ・菜園
ハモ・白桃・アーモンド
完全放牧豚
南国の香り
ベッリーニ

香宮 (西麻布)

同店のシェフは焼き物が得意と伺い、豚の丸焼きと鳩を事前にお願いしました。前菜からデザートまで全て美味しくいただきましたが、一番グッと来たのは「アズキハタの塩漬けレモン蒸し」でした。サービスもしっかりしており、外さない一店かと思います。

乳豚の丸焼き
香宮特製前菜の盛合せ
アワビ入り冬瓜姿の蒸しスープ
アオリイカとミル貝のしそ炒め
アズキハタの塩漬けレモン蒸し
鳩の丸揚げ クリスピー仕立て
毛蟹と卵白チャーハン
桃のスープ仕立て
香宮自家製お菓子

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

メゼババ (亀戸)

やっと念願の「メゼババ」へ。高山シェフのお料理はシンプルで大胆、素材を生かしたお料理で好みでしたがなんといってもあの独特の雰囲気の空間がいいですね(^^)〆にいただいたトマトのパスタ、日本ではあまりお目にかからない太い乾麺のパスタで、今年フィレンツェで初めて食べて感激した想い出がよみがえりました(^з^)-☆(メインは仔うさぎと鳩のフリット)この日の暑さもあってか、鳩の料理は塩気がピリッと効いており、お酒がすすんだ真夏の夜でした。

3名でグラススパークリング、ワイン3本、オランジェッロ、お一人様12000円ほど。

image

image

image

image

image

image

image

image

image