「煉瓦」で薪焼の雷鳥を。

一足早く、ドゥミソバージュの「雷鳥」をお願いして「煉瓦」でいただきました!!もちろん薪焼です。熟成は浅めで雷鳥らしい苦味はしっかりと。付け合わせのいちじくは酸味がきいていて、口の中がサッパリしてこちらもよかったです。うーん、やはり雷鳥大好きです。ほか、洋梨と自家製ベーコンのグリルはマスタードソースとの相性がよくてまた食べたくなる一品でした。ただ難点は、同店メインの取り扱いは牛肉のため、今回のような楽しみかたをしたい場合は21時以降からの対応になること。次回は鳩をいただいてみようかと思います。

雷鳥のソース
付け合わせのいちじくをバルサミコでつけて、そのときでたエキスと内臓をあえたもの。甘いソース。いちじくは青いいちじくで、甘味はできって酸っぱい仕上がりに。

洋梨とベーコンのソース
マスタードと生クリーム半々にベーコンのエキス。ベーコンのうえにソースをかけて洋梨も一緒にオーブンへ。そのときにベーコンのエキスが流れ出たもの。

image

image

image

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中