ル・マンジュ・トゥ(神楽坂)

夏になりますが、十年ぶりに伺いました「ル・マンジュ・トゥ」。
コースの構成としては白身魚ではなく貝のお料理を二皿で攻めてくれたところが好みでしたが、ソースがやや重く途中からかなりきつくなってしまい、私も歳をとったと実感してしまいました。とはいっても、二十代前半のころからクリーム、バターがしっかりときいた重いソースは胃袋的に苦手で、今年のパリではもっとクラシカルなソースのお料理にあたり一口で参りました。味わいとしては好きなのですが胃袋がついていかないという。悲しいですね。私の胃袋の問題はさておき、お料理は記憶と相違なく美味しくいただきました。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中