秋田 日本料理たかむらのたかむら麺

さっそくいただきました!秋田「たかむら」のたかむら麺!ずっと気になっていたんですが、つい先日から通販でも買えるようになりました。海草が入った独特の麺で、茹でているときの香りはラーメンのときのそれと同じ。でも食べると蕎麦でもラーメンでもない。つけ汁がついてるのですが、秋田らしい甘口のタレで、ほんのり酸味もある、旨みたっぷりのつけ汁。ちょっとクセになるお味のつけ汁です。つるつるいくらでも食べれてしまうけど、盛り以外にも色々アレンジできるようです。たかむら麺を食べていたらまた秋田に行きたくなりました(^з^)-☆

http://www.akita-takamura.jp/

image

image

image

広告

焼肉コバウ (銀座)

通う楽しみ♪
先日は〆のすき焼きに代わってタン筋をつかったおでんが登場しました「銀座コバウ」。
タン筋のおでん、美味しいですね。お肉はこちらもラッキーなこに、佐々木譲さんのサーロイン炙りユッケ、いつもの田村さん等々。数日前に佐々木譲さんご本人が同店に足を運ばれていたそうで、再会したかったですが、ニアミスでした。今回も楽しみました~!

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

3回目のトゥ・ラ・ジョア (名古屋)

「 トゥ・ラ・ジョア 」へ。
毎年12月1日に翌一年分の予約を開始、昼、夜、ともに二組の営業となるため2日間で満席となります。また、一度お店へ行き、名簿に名前を登録した方しか予約を取ることが出来ません。
同店に限らず、名古屋は予約がとれない人気店が妙に多いのも特徴のような気がします。同店は昨年、お料理の料金を一万円から二万円へと大幅に値上げしていますが、予約のハードルは全く下がる気配がありません。

須本さんのお料理はこれでいただくのが3度目となりますが、何となく彼の世界観の傾向がつかめてきました。ちなみに、昔はクラシカルなフレンチを提供していたそうですが、シェフが年を重ねるごとに軽やかで、和洋折衷、枠にとらわれないお料理へと変化していったそうです。

1月はカルフォルニアでワイナリー巡り、たっぷり充電されたようで、いつもお元気ではありますが、更に生き生きとされていました。ご夫婦でワイナリー巡り、うらやましい!

○フランス産トリフの一皿
○白いんげん豆と海鮮のスープ
○穴子のポピエット
○活鮑のカツレツ
⇒衣はカラスミ!
○トラ河豚の椀仕立て
○十勝牛のマッシュルーム
○Mのサラダ
○フカヒレの土鍋御飯
○柚子&ペッパー

トゥ・ラ・ジョア
愛知県名古屋市中区正木1-13-27

image

image

image

image

image

image

image

image

image

芳乃家 (名古屋)

先日は、初めて手打ちのきしめんを食べました。正直、きしめんはそんなに美味しいものとは思っていなかったのですが、やはり本物は違いますね!こちらのは幅広麺で、手打ちのため場所によって厚さが若干ことなり、食べていて飽きないところもいいですね。麺はもっちり、汁は塩分少し強めで幅広の麺とよく絡みます。人気店のようで、お店を出る頃には満席で時間帯によっては並ぶようです。美味しいきしめんでした!
※鶏なんばん 690円

芳乃家
052-841-6884
愛知県名古屋市昭和区桜山町2-38

image

カハラ で牛肉のミルフィーユ。(大阪・北新地)

北新地の名店「カハラ」。
夜のみの営業で二部制となっています。お料理はお任せのワンコース(22000円)。
カウンター席のみで、目の前は鉄板となっていますが、使用されるのはメインのスペシャリテ「牛肉のミルフィーユ」を作るときのみです。
お料理はどれも完成度高く、牛肉のミルフィーユはスライスした牛肉が三枚重なり両面を目の前の鉄板で焼きますが、間はレア。たっぷりのワサビでいただきますが、とても美味でした!

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image