2015年2月スペイン・バスク 食べ歩き10 ~ エチュバリ・エチェバリ Asador Etxebarri ~

スペイン・バスク旅行はこのレストランのために計画したと言っても過言ではありません。

同店を知ったのは神戸「bb9」というスペイン料理のレストラン・坂井シェフの修行先であると知ったのがきっかけです。
坂井さんのお料理にとても感激し、であれば、その坂井シェフが学ばれた「エチュバリ Asador Etxebarri」も美味しいに違いない!」と言うことで、念願が叶い行ってきました!

素材の美味しさを最大限に活かし、シンプルなお料理で、調理の熱源は薪を使っている(薫香は敢えてはつけない)のが特徴です。

近くには羊が飼われているような田舎の小山にある同店。料理にも、そしてレストランを取り囲む環境にも癒されます。
シェフは近所で電気工のような仕事をされており、ある日突然修行経験なしに思い立ってこちらのレストランを始めたというから驚きです。

お料理はコース125€を。アラカルトもあります。おそらく常連さんはアラカルトで楽しまれている様子に見受けられました。
自家製のチーズから始まり、のっけからやられてしまいました。
また、グリーンピースはぱっつんぱっつんで噛むと口のなかでプッチンとはじけ、あまーいグリーンピース。
0.1秒の世界であろう火入れの素晴らしさに感激します。ここでもココチャが登場、メインのチュレタはガルシア産の10~12歳。コースの最後なのでステーキ専門店のような厚さでは提供されないため、火入れはカーサジュリアンに比べると不利に感じました。
パンがとても美味しかったので残したパンをテイクアウトさせてほしいとお願いしたところ、残したチュレタも一緒に持たせてくれました。翌日ホテルで朝食に食べると薪の香りがしっかりついてることがレストランで食べたときよりも顕著に。冷めても美味しいチュレタ。

キッチンには日本人スタッフが一人いらしてお話もさせていただきました。帰国したら地元金沢に戻りお店を出したいとおっしゃってました。4年先の楽しみですね。こんな日本から遠い場所で同じ日本人が頑張ってる姿をみると勇気、元気をもらいます。

翌日にでもすぐに再訪したい気持ちでした。
幸せな時間をいただきました。

  1. ※世界のベストレストラン2015では、34位から13位へと大きく上昇しました。

【アクセス】
バスを乗り継いで行きます。
毎時00分、バスターミナルから出発(A3913)DurangoのMadalena Plaza下車、そのまま降りた場所で次のバスを待ちます。毎時45分(土日は毎時15分)出発A3913Arrozola行きで運転手さんに「エチュバリ」へ行く旨を伝えると一旦終点までいき、折り返し便が出発するまでそのまま乗ってるように言われます。5~10分すると折り返し運転し、エチュバリの前で降ろしてくれます。
帰りは確か…毎時30分にレストランの目の前にあるバス停から帰ります。

 

DSC02992[1]

DSC02993[1]

DSC02997[1]

DSC02999[1]

DSC03003[1]

DSC03007[1]

DSC03011[1]

DSC03025[1]

DSC03027[1]

DSC03031[1]

DSC03032[1]

DSC03036[1]

DSC03042[1]

DSC03045[1]


日本人スタッフとしていらっしゃった前田さん。将来的には地元石川県でお店を開く予定だそう。

DSC03054[1]

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中