豪龍久保で鮎と鰻の食べ比べ

「豪龍久保」へ。好きな料理屋さんの一つです。食材への拘りと、目利きのよさ、その他いろいろと大将のセンスが好みで自分にとってはしっくりくるお店です。今回は好物の貝を二種、石垣貝にトリガイ、肝も添えて。そして鮎は氷締めと活きたままそれぞれの焼き比べ。これが、四万十川の氷締めの鮎の内臓がコケそのものの香りがしてびっくり!私は鮎になって四万十川の川底を泳いでいる気分に瞬間なりました。そして鰻はお馴染み宍道湖、岡山の児島湾、青森の小川原湖の食べ比べ。以前より、久保さんの鰻は皮がパッりぱりで身もグッと凝縮された感じがよそとはなにか違う気がしていたのですがフレッシュよりも熟成に重きをおいているそう。鱧の刺身は骨抜きしたものも供してくださり、久保さんの愛情を感じますね!鱧の骨はY字になっていて曲者とのこと。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中