9/28 LDK 家庭用ソーセージ&ハムの食べ比べ

9/28売「LDK」さんで、家庭用ソーセージ&ハムの食べ比べ検証をさせていただいてます。メーカーによって方向性や味わいにかなりの違いがあることがわかりました。この日はかなりの塩分過多でしたが「LDK」さんの企画はホントに勉強になるので好きなお仕事の一つです♪

image

image

広告

十条にあるマニアックな蕎麦屋「純粋喬 野島」

健康オタクの野島さんが営む蕎麦屋です。気まぐれなので、行かれる際には必ず電話確認、予約をしてください。お一人様でもOKです。

貴重な戸隠蕎麦粉を100%使用した十割蕎麦や、北海道産蕎麦粉も扱っています。
健康オタクの野島さん、添加物も嫌うので、全て無添加のもので作られています。
独特の世界があるので好みは分かれるところかと思いますが、誠実なお店です。

image

image

image

image

image

image

酢飯にはまり中!銀座の鮨屋 とかみ

佐藤さんが握るしっかりした酢飯とそれなりの大きさがある握りのサイズに慣れてしまうと、他店の握りがやや物足りなく感じてしまうことが多くなってきました。

メディアに登場する機会が増え、以前より予約がとり難くなってきています(といっても一ヶ月半前なら取れるかな?)。
夜のお任せ、以前は飲んで2万程度でしたが最近は3万弱と値上がりしているようです。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

【閉店】残念ながらの閉店です。山岸食堂・季節野菜のトマトソース

大好きだった「山岸食堂」ですが、残念ながら店主の山岸さんが他界されたそうで、2015年8月末をもって閉店となりました。

山岸さんが作る、イタリアンというよりも、完全にオリジナルな山岸スタイルの手打ちパスタが大好きで、汐留に勤務していた頃はランチタイムに通って全メニューを制覇したほどでした。勤務地が変わってから行く機会がなくなってしまい、残念で、久しぶりに食べたいなぁと、ずっと思っていたのですが、それも叶わずとなってしまいましたが、山岸さんのあのパスタはずっと忘れません。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

とても久しぶりに山岸食堂へランチでオジャマしました。

実は来月2キロほど太る予定があるので(というのも変な予定ですね)、ダイエット中です。

なので、平日ランチの外食は控えているのですが、どうしても久しぶりに大好きな山岸さんの手打ちパスタが食べたくなりました。

Ayako's Gourmet And The City

素朴で、皮目はバリバリ、中はもっちりのパンはやっぱり健在。

パスタは野菜中心で、ズッキーニがゴロゴロ入っている季節野菜のトマトソースを。

なんだかんだ、このパスタが一番すきかもしれません。

Ayako's Gourmet And The City

このトマトソースと山岸さんの独特なパンとの相性が抜群です。

ナイフとフォーク 山岸食堂

中央区銀座2-14-20 池田ビル
03-3544-3236

(サラダ、パン、パスタ、コーヒー 1,050円)

この日は鳥取・田村牧場の肉でした「炭火焼肉 なかはら」

やや久しぶりでしたが、細かいところがまた進化してました市ヶ谷の「なかはら」。この日一番の肉はウワミスジ!鳥取田村さんのお肉。いい肉でした。それにしても、いつも焼肉にいくと私が焼き担当になりますが、今夜はプロの焼肉店「甲」オーナー孫君に焼いてもらったので、美味しい、美味しい!誰かに焼いてもらうのがこんなに美味しいなんて、久しぶりです。肉談義はやっぱり楽しい。

この日の会計:ひとり16000円

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

奥州牛枝肉研究会で優秀牛を獲得した魚佐々木譲さんの牛をコバウで

先日いつもの「コバウ」で、奥州牛枝肉研究会で優秀牛となった、佐々木譲さんのお肉をいただきました!この手のお肉(チャンピオン牛)にありがちな脂の刺しがやや多く、重く感じるというのはありつつも、やはり美味しいお肉でした。肉質のよさと安定感でいくならやはり今は「コバウ」が一番です。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

高橋シェフの世界観が堪能できる「ペレグリーノ」生ハム好きは一度は行くべきお店。

移転して初訪問の「ペレグリーノ」。
以前から高橋シェフのこだわりは感じられましたが、移転し席の配置が独特になったことで、よりそのこだわり、世界観がこちらに伝わるようになりました。自分と同じくらい食いしん坊同士でないと、ちょっと気後れしたり、面食らったりするかも?なお店かもしれませんが、オタク好きな私としては大満足のお店です。
特に、同店であの岐阜のボン・ダボン (BON DABON)の生ハムが目の前で切りたてをいただけるというのも貴重です。口の中で生ハムが溶けて、舌の上に旨みだけが残る感覚・・・。これはちょっとクセになります。美味しい生ハムはヨーロッパでしか食べることが出来ないと思っていた私としては、日本でもこんなに美味しい生ハムが作られているのかと思うと・・びっくりです。この日は9種類のハム類を提供してくださいました。他のお料理も繊細で、高橋シェフのストイックさが伝わります。
ドリンク込みで25000円。お酒が飲めない方には「ロイヤルブルーティー」が供され、こちらも下手したらお酒より高価なものなので、飲めない方も満足できそうですね。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image