ビストロカプリシュー (登戸)

雷鳥目当てにまたまた「ビストロカプリシュー」へ。登戸というこちらもまたやや外れた場所にあります。
いただいたのは、4週間弱熟成させた雷鳥のむね肉、ささみ、スコッチソース。めちゃくちゃレアな仕上げてこれは通向け。鰹食べてるみたいな食感と旨味。もうひとつのメインは鳥取の鹿モモ肉、ルタバカとミントをそえて、ソースは肉の汁を戻して含めた程度。人生で鹿にここまで感激したのは初めて。ほか、鹿のネックを牛蒡とあわせて赤ワインで煮たものもかなり絶品。一皿目にでたラヴィオリは動物性の出汁を使わずバターと野菜で煮詰めたもの。これも野菜の味わいがものすごく凝縮されていました。さてさて、もしかしたら一番のお楽しみは菊池さんがくつる…フォー!鶏の出汁が美味しくて、この日も完汁(^O^)菊池さんには是非、フォーの専門店を出していただきたい。菊池さんのお料理はキラリと光るセンスを感じます。
※こちらはスペシャルコースなので、普通にいくと、場所柄もあってか、なんてことのないお料理しか食べられません。菊池さんの真髄はシェフとコミュニケーションをとってのお任せを食べてこそです。

ビストロカプリシュー
044-933-6621
神奈川県川崎市多摩区登戸3415

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中