”ヴーヴ・クリコ アジアの最優秀女性シェフ”を受賞したヴィッキー・ラウ氏のお店へ Tate Dining Room & Bar テートダイニングルームアンドバー

「Tate Dining Room & Bar」へ行くことを目的に、正に食べ歩きの旅・一泊二日で香港へ行ってきました!女性シェフであるヴィッキー・ラウさんのお料理、和と香港、フレンチの融合は、味覚的にとても新鮮に感じました。もちろん目でも楽しめますが、お料理自体は分かりやすいテイストながらも美味しく、期待よりもとても楽しめました。ただ、今回のコースが日本円で約16000円程なので、日本のフレンチレストランに比べるとやや高く感じます。店名にBarとついているだけあってお料理中カクテルも提供したりとカジュアルな店内です。食材はヒラマサや、醤油、卵の黄身、鮑、トリュフ、ダックにピジョン、抹茶などが使われ、個人的には鮑料理が一番、香港とフレンチの融合を感じて好きでした。最近行ったフュージョン系のお店では一番好きかも。

※980香港ドル/ワインのペアリング380香港ドル

Tate Dining Room & Bar
http://www.tate.com.hk/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中