比良山荘で熊鍋(ツキノワグマ)を。

熊鍋(ツキノワグマ)で有名な「比良山荘」。京都駅から90分弱、手配していたバスに揺られながら向かいます。食通の間ではかなり有名な同店の熊鍋、それだけに相当ハードルをあげてうかがいましたが、期待通りに熊の脂は美味しかったです!脂というよりコラーゲンでしょうか。お皿の上は赤肉というよりも脂で真っ白に埋め尽くされているので一瞬びっくりするかもしれませんが、まったくもたれません。熊は灰汁がでないそうで、鍋はきれいなまま一度も灰汁とりせずでした。熊鍋以外も、鰻を蒸したものも初めての食感、味わいで最近鰻に飽きていましたが…久しぶりに鰻、飽きずに美味しくいただきました。
予約は2名から受付ですが、お酒を飲まない運転手さんといくか、大勢でバスを借りるなどするのがお得です(18名で往復一人4000円弱でバスの手配可能です)。

比良山荘
077-599-2058
滋賀県大津市葛川坊村町94 比良山荘

 

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

北欧の風かおる「スブリム」(新橋)

シェフの加藤 順一さんは、タテル・ヨシノ芝パークホテル、オテル・ド・ヨシノ、アストランス、AOC、ビオス(半年)という経歴の持ち主。AOCでは主にデザイン面が勉強になったそう。というだけあって、ドレッセ、プレゼンテーションはセンスがよく、いま主流のナチュラルな雰囲気。スペシャリテは発酵させたマッシュルームのスープ。※この日はランチ利用になります。

 

スブリム
03-3578-8831
東京都港区新橋5-7-7 ロイジェント新橋 B1F

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

今年もズームインサタデー“グルメな絶景”に出演しました。

ズームインサタデー“グルメな絶景”、3年目の年末出演でした!
放送前にご案内する予定でしたが、下書きからUPしないまま放送日がきてしまいました…

毎回リポーターのかたが変わりますが…今回はあずーさん。とても目に麗しく、明るい方。記念写真をパシャリと。

11/19(土)7時過ぎ頃放送 …でした
http://www.ntv.co.jp/z-sat/

image

四ッ谷すし匠で二番手をつとめた大将新井さんの新店「鮨あらい」

昼鮨新規開拓でおじゃましたらスゴかったです。何がって、私以外に3組お客さんがいらしたのですが、なんと全て知り合いだったという。 そんな環境が怖いです…でもそれだけ、注目店ってことですね「鮨あらい」。久兵衛のあと、四ッ谷すし匠で二番手を今年4月までつとめた大将の新井さん。酢が強めで、サイズも大きめの握りはなかなか久しぶりのドンピシャ好みでした!昼は10貫8640円、14貫10800円。食べたのは10貫で穴子を閖上赤貝にチェンジ。新井さん、接客もお上手で楽しい昼鮨でした。

鮨あらい
03-6264-5855
東京都中央区銀座8-10-2 ルアンビル B1F

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

進化してます!SATOブリアンのお任せコース

店主佐藤さんが最も好きな部位であるシャトーブリアンと佐藤さんの名字にひっかけての阿佐ヶ谷にある「SATOブリアン」。オープン当初から提供し続けているメニューに「ブリ飯」というものがあります。ジャンクな味わいながらもシャトーブリアンを使っているので大人が食べる贅沢でジャンクなご飯。たまり醤油に、にんにくとバターのタレがくせになる美味しさで、無性に食べたくなったりします。

今ではアラカルト提供はやめ、6800円から1000円刻みでお任せコースでの提供をしています。肉は佐藤さんが焼いてくれるから完璧。コースの流れのなかで、様々なタレで飽きないように工夫して食べさせてくれるのも好印象。

なにより、この黒毛和牛のヒレ不足のなかで、ヒレをこれだけ集められるのがスゴい。

SATOブリアン、まだまだ進化中です!

SATO ブリアン
03-6915-1638
東京都杉並区阿佐谷南3-44-2 新井ビル1F

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

この日、尊敬する新宿「鳥茂」の三代目酒巻さんの隣にサインを書かせていただいてしましました!

ヴァッカロッサで薪焼きビステッカ

好きな料理人のひとりである渡辺シェフのお店「ヴァッカロッサ」へ。
赤身の牛を美味しく食べることが出来る熱源として同店では薪を使い、ヴィステッカを提供しています。熱源として薪を利用しているレストランは日本ではまだ少ないのですが(技術以外でもビルの許可など環境面でもハードルが高い)、渡辺さんは惜しみなくご自信が積み重ねてきた経験からの技術を同業の方にも披露されます。というのも、牛の負担が少なく健康な牛がもっと多く日本でも消費されるようになって欲しいからだそう。先日もちらっとお話しましたが、黒毛和牛の出荷前の健康状態には心痛める面があるもの事実なので(全ての肥育農家さんがそういうわけではありませんが)、負担がなるべく少ない赤身の牛が美味しく食べられる薪焼きの手法を広めたいと考えているそうです。ただ、薪はやはり扱いが難しいので、多くの料理人が扱えるよう、炭で更に美味しく焼ける方法がないか研究中だとか。目をきらきらさせながら熱心に語る職人さんは素敵ですし、こちらはエネルギーをもらいます。この日もいい時間を過ごしました。

ヴァッカロッサ
03-6435-567
東京都港区赤坂6-4-11 ドミエメロード 1F

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

都立大学の「わさ」山下料理はお任せ一本で

先日は久しぶりにと都立大学の「わさ」へ。一皿一皿、相変わらずの完成度の高さでイチイチ感激してしまいました。器のセンスも好きです。お店にうかがう度に移転のお話を聞くような気がしますが…来年こそは?移転して昼は担々麺、夜は今より短いコース料理を提供したいとおっしゃっていました。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image