やっぱり「ちゃわんぶ」のヒレカツが一番好き。

料理コース1万円台で提供している和食料理屋では一番訪問しています「ちゃわんぶ」。お料理の味わい、方向性と大将に女将さん、とても相性がよくて好きなお店です。
こちらではメインに必ずヒレカツが供されますが、何が違うのか分からないのですが、和食の料理人が作るとこうなるのか、という、焼肉店がつくるヒレカツとはなにか大きな違いを感じます。

※写真は2015年10月訪問時になります。

車力門 ちゃわんぶ
03-3356-1680
東京都新宿区荒木町3-22 島ビル1F

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

広告

1/12(火)放送「スペシャリストに教えてもらうグルメ店の攻略法」撮影でした

今年ひとつめのTV出演予定は

テレビ東京
1/12(火)16時~放送 「L4YO!」”スペシャリストに教えてもらうグルメ店の攻略法”

年末に、みすたーちんさんと撮影納めでした!

image

鏞記(ヨンキー)でガチョウのローストを(香港)

香港をよく食べ歩いている友人に、一度は行ってみたらどうかと勧められたのが「鏞記」。ガチョウのローストが名物だそうです。店内の1階は地元のサラリーマンたちがランチ利用しており、旅行客らしき人たちは2階へ案内されます。帰りの日のランチで軽く食べて、お土産には叉焼弁当があったので、そちらも購入して、飛行機へ。ガチョウのローストもよかったですが、この叉焼も絶品でした。

【鏞記(ヨンキー)】

http://www.hongkongnavi.com/food/8/
中環威霊頓街32−40号 鏞記大厦
11:00〜23:30(テイクアウトも同じ)
飲茶時間:14:00〜17:30(月〜土) 11:00〜17:30(日・祝)

image

image

image

「ハーバーグランド香港」滞在

今回の香港の旅は、日本を深夜出発、香港に早朝到着、そして翌日午後に香港を出発という弾丸1泊の旅でした。ディナーは香港島のレストランを予定していたので、ホテルも香港島にあるこちら「ハーバーグランド香港」に。部屋はジュニアスイートということもあって、香港島と九龍半島の両方が望め、部屋も広々快適でした。ホテル周辺が工事中であることは事前に分かっていたので騒音と景観が不安ではありましたが、思いのほか気になりませんでした。地震がなく土地も狭い香港、ビルは上へ上へと高くそびえ立っているのですが、工事の様子は、気になるどころか、香港の活気を見せつけられたような気分になりました。

立地ですが、用事は大概中環近辺にあるので、本当はその周辺に泊まったほうが便利ではあったのですが、同等クラスのホテルに中環あたりで宿泊すると1泊8万以上となっています。こちらは、駅からは徒歩2,3分の距離でとても便利で、中環まで地下鉄で15分程度だったでしょうか。タクシーも安いので、気ままに使い分けて利用すると良いと思います。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

香港でおススメの朝飲茶のお店「蓮香楼」,「蓮香居」

【蓮香楼】

今回、朝飲茶は蓮香楼と蓮香居、二軒行きましたが、お料理のクオリティは圧倒的に 蓮香楼が上でした。春巻や胡麻団子など、基本的なもののクオリティが全く雲泥の差です。雰囲気は香港ナビにもある通り、地元のかたが利用していて、私が訪れた朝の7時前はお年寄りが多くのんびりお茶を飲んで時間を過ごしている人から、これから仕事らしき中年男性まで。活気がありいい雰囲気です。香港飲茶の特徴である、食器をお茶で洗う作法も同店はしっかり体験できますし、相席となった地元のご老人は、こなれた手つきでしっかりと食器をお茶で洗っていました。ちなみに、香港Naviによると、現在では衛生面は問題なく、儀式としてこの習慣が残っているだけなので、安心、とあります。

http://www.hongkongnavi.om/food/15/
06:00〜23:00(飲茶は17:00まで)
中環威霊頓街160-164号

【蓮香居】

お店の背景についてはリンクにある香港Naviがとても参考になります。
こちらは、前述のとおり基本メニューはいまいちだったのですが、適当に選んでみたイカ料理なんかはとても美味しくて、見ていると料理の種類も豊富そうでした。おなか一杯になってしまい種類があまり食べることが出来ませんでしたが、気になる料理がワゴンで運ばれてくるまでじっくり待つのが、この香港式(ワゴン式)朝飲茶の勝敗の分かれ目になりそうです。

http://www.hongkongnavi.com/food/581/
06:00~15:30、17:30~23:00
上環德輔道西46-50號2-3樓

【蓮香楼】

 

image

image

image

image

image

image

image

image

 

【蓮香居】

 

image

image

image

image

黒毛和牛料理はダントツの世界観「肉割烹 三芳」(祇園)

2010年に初めて訪問した時から黒毛和牛の扱いに対するセンスはピカピカとひかっていた「三芳」。ここ数年は黒毛和牛だけでなく、様々な食材を黒毛和牛と組み合わせ、さらなる世界観の展開を魅せてくれています。肉は関西の肉を中心に、かなり贅沢な仕入をしています。また肉だけでなく白トリュフやキャビアなどの高級食材も扱うようになりましたが、それでも伊藤さんのスゴさはそことは違うところに私は感じます。
この日のピカ一は脂が落ちきるまで煮込んだバラ肉を使った蕎麦のつけ汁。関東風の濃いめ甘口のつけ汁とバラ肉の相性は素晴らしく、脂が胃にきやすい私でもぺろっと食べてしまったバラ肉。脂というよりコラーゲンだけがのこったプルんとした食感です。黒毛和牛の各部位の特徴をいかした料理の組み立ては伊藤さんにしか出来ないことに思います。
そして、蕎麦を食べ終わったところで白トリュフを削っていただき、蕎麦湯を足して飲み干しました。
はぁー、美味しい。ご馳走さまでした。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image