食材と火入れが素晴らしい 薫 [北海道江別市]

東京では料理人の間で評判が広まっている「薫」。確かな品質の食材とシンプルな仕上がりだけに、ごまかしが効かないお料理です。

長谷川シェフ渾身の一品だけに、印象深かったきんめ。余計な脂は落ちきっているので身の旨味の凝縮かんとぶりんとした食感が美味しくいただきました。他、白身はさわら、のどぐろを。メインの肉はジビーフのヒレ。

北海道の野菜の美味しさを体感したアスパラ、いもとチーズのグリルは一見何てことないのに、実際美味しすぎました。

ランチは通常はパスタランチのみのようなので、こちらのレストランの真髄はディナーメニューになります。

011-375-6062
北海道江別市野幌寿町24番地6-7

https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010703/1030530/

広告

ケララの風II [大森]

Ⅱになってから初めて伺いましたが、やっぱり美味しいなぁ~と、もりもりガッツいてしまいました。

南インド料理ミールスが好きです。数種類のおかずをお皿の上で自由にかせねて、そのとき時の味わいを楽しみます。サラサラして一見物足りないかと思いますが、おかずが複数重なることで、深みが一気に増して驚きます。

ミールスは好きなおかずばかり組み合わせてしまうので、こちらはお代わり自由なのがとても嬉しいです。左から二番目のキャベツをココナッツで炒め蒸ししたトーレンが美味しくて二回お代わりしたらお腹一杯に。

ランチタイムのみの営業です。
ケララの風II
03-3771-1600
東京都大田区山王3-1-10

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13127788/