浄土寺(広島県尾道)で開催された豪華ディナーイベント

お寺でのディナーイベント、どんな感じかしらと、一度は体験してみたいと思い、実はちょっと憧れていました。非日常的な空間での特別な食事は、外食をする楽しみの一つだと私は思うのですか、そんなイベントが広島県尾道にある浄土寺で開催され行ってきました。念願のお寺でのディナーを楽しんできたわけですが、例えば都内であればグランメゾンで食事をする高揚感に近いものを感じました。今回のイベントは広島県が主催で、そんなこともあってかお料理のクオリティのみならず、サービススタッフもかなりしっかりされて、満足度の高いイベントとなっていました。最後のスタッフ紹介によるとホテルグランヴィア広島からも多数スタッフが協力されていたので納得です。

向かって右から

赤井顕治さん(2019年1月に宮島でお店を出すそうです!)

②山本幸雄さん「ル・ミロワール」

③向井大樹さん「リーガロイヤル広島」

④パトリック・アンリルーさん「ラ・ピラミッド」

⑤小竹隼也さん「元ラ・グルヌイエール」

⑥星本敏男さん「福山ニューキャッスルホテル」

広島県主催のこのイベントは昨年に続き2回目だそうですが、広島県では将来有望な若手料理人の発掘や育成に力をいれ「ひろしまシェフ・コンクール」を実施。コンクールの優勝者はフランスの星つきレストランでの修行を支援しているということを実はつい最近知りました。そんな情報を知ると地方好きな私としては応援したくなってしまい、今回のイベント参加に至るのですが、イベントのお料理はコンクールでの成績優秀者5名がサポートでキッチンに入っていました。

昨年はフランスの二つ星『ラ・グルヌイエール』アレクサンドル・ゴティエ氏が招致されたようですが、今年は『ラ・ピラミッド』パトリック・アンリルー氏がメインとなって、お料理を監修。最後は有名なピアノのデザートが提供されましたが、数ヵ月前に出来たばかりの新作だとか。近未来的なピアノに仕上がってました。そして、もう一つのデセール担当ラ・ピラミッドから来日されたブノア・ジャブイエ氏が作った「本当のレモンづくし」がとても美味しくて、久しぶりにフレンチらしい本物のデセールを食べた気がして、ピラミッドに行きたくなってしまいましたよ。イケメンでもありました。

今回使われた食材に比婆牛という広島県の黒毛和牛がありました。広島県産の黒毛和牛というのはとても数が少なく県外への流通が少ないんだとか。確かに都内で広島の黒毛和牛を見かけることがないですが、流通自体が少なかったのかと納得です。そういう意味でもとても貴重な機会をいただきました。

広告