カテゴリー別アーカイブ: ラーメン【全国】

ニンニクがきいた味噌ラーメン「直伝屋」(札幌)

札幌の夜、やっぱり味噌ラーメン行かないと。ということで、評論家の大崎さんにオススメのお店を教えて!とメッセージで助けを求めるといくつかピックアップしていただきました。
遅い時間でもやってるところと条件をあげたのですが、札幌のラーメンやは遅くまでやってるところがおおいから大丈夫と。食べログで店舗情報をみると確かに遅くまでやってるお店が多いですね。その中から勘でこちら「直伝屋」をチョイス。
ラーメンの知識が少ないため、札幌の味噌ラーメンと言えば生姜を効かせたものと思っていたらニンニクのパンチが効いた味噌ラーメン。
先生に答え合わせのメールをしたら、これが最近の札幌の味噌ラーメンの流れなんだとか。札幌のラーメン屋は半ラーメンをやってるお店が多いのもナイス。

らーめん札幌直伝屋
011-211-1792
北海道札幌市中央区南4条西5丁目6-3 第2秀高ビル 1F
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1048468/

image

広告

男のこだわり「伊吹」(板橋)

先日は煮干しラーメンの人気店「伊吹」へいってきました。
19時に店前につくと30人ほど並んでいて、しかもお店からおばちゃんがでてきて「あなたで最後ね!」と。ギリギリセーフでした!その後、ちらほらとお客さんが後ろに並ぶたびに「今日はもうおしまいみたいです」とお伝えする役目を担わせていただきました笑。一時間並んで店内へ。
ラーメンは淡麗と濃厚があり淡麗を選択。苦味つよいニボニボしたタイプかと思ったら、思いの外きれいでそれでいて旨味強くこくがあるスープで、しっかり旨味が麺に絡まっていて美味。
器小さめ、スープも通常のラーメンより少な目で、ぎゅっと凝縮した感じ(そこにコストをふんだんに投入してる感じ)がまたとても男っぽくて、大将の熊さん(失敬)みたいな外見とあいまっていい感じです。最近は昆布だしのスープも作ってるようです。

伊吹
080-4928-0013
東京都板橋区前野町4-58-10 見次パークマンション
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13163874/

image

image

image

麺屋一龍(名古屋・栄)

この日は地元の方にオススメいただき二軒目で「 麺屋一龍 」へ。

名古屋ではいつも東急ホテルへ止まるのですがホテルでてすぐのところにあり、いままで何度も来ていましたが全くノーマークでした。
やはりリアルな口コミの力はすごいですね。相手を知った上でオススメされるとすぐにいきたくなります。

この日は塩ラーメンを。
ムカチョウとのことで、深夜に食べるラーメンとしても適してますね!
二軒目だったので麺を少な目にしていただいたのですが、想定より美味しかったので減らしたことを後悔しました。汁完です…。
あとで、ラヲタの友人にも東急泊ならベストな選択!とお褒めいただきました。
麺は固めのストレートで好み、スープは鰹の香り豊かな軽やかなトンコツ??
名古屋の二軒目の楽しみが増えました。

image

麺屋一龍
052-241-0260
愛知県名古屋市中区栄4-7-1

堂の浦 (徳島・秋田町)

一日の〆に「堂の浦」へ。
深夜12時から営業のラーメン店です。
元々居酒屋で出していたラーメンが人気になり、ラーメン専門店となったそう。15分ほど前に到着するとすでに並んでいるお客さんがいて、店内にもお客さんがいたので早めにオープンしたみたいです。ギリギリ一回転目に入れず25分ほど並びましたが店内に入るとすぐにラーメンが出てきました。

鯛と野菜のみでとったというスープにカリカリに焼き上がった鯛の皮、細い麺にたっぷりのカイワレ。
鯛の味がしっかりと濃厚で旨いスープは麺に絡めて食べる。というイメージでスープは少なめです。カイワレとの相性もよく、ひさしぶりに美味しいラーメンを頂きました!徳島にいったら是非おすすめです!

image

image

image

徳島グルメ うどんさろんふなもと→いのたに→名麺堂→山ろく→福屋(かき氷)→西食






先日徳島で、うどんとラーメンを食べ歩いてきましたので

一気にご紹介します。


初日、会食のあとに「うどんさろんふなもと」

そして、翌日は午前中から

「いのたに」→「名麺堂」→「山ろく」→「福屋(かき氷)」→「西食」です!




肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



まずは地元のうどん鳴るちゅる 鳴門うどんを提供する


うどんさろんふなもと」から。




肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City
肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



鳴門うどんの特徴は、麺が短い!

すすれないうどんです。

腰もなくてやわらかい麺。

油揚げが麺と近い形状でカットされてるのもポイント高いですね。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



愛媛・高松のラーメン店同様、こちらもおでん文化が根付いてるんでしょうか。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



そして、翌日、1軒目にが

徳島ラーメンの代表「いのたに」です。

こちらは11時ころにお邪魔するとすっかり店内は満席で待ちのお客さんまで。

すごい人気ですね。開店はよく10分も待たなかったでしょうか。


とんこつ醤油とのことですが、お味は結構鋭く、強い味わい。

豚のばら肉も特徴のひとつです。

県外のお客さんが多いお店の様子ですが、地元の方のお話では、ずいぶん昔とお味も変わったそうです。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



そして、2軒目がうどん店「名麺堂」。

地元の方が絶賛されていたのでお邪魔しました。


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



こちらは、麺が特徴的で美味。

麺が粉粉していて、小麦の感じが強いというか、噛み締めるたびに美味しい。

思わず、珍しくお土産の麺を購入してしまいました。

徳島のゆずもお出汁に絞るとよく合います。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



そして、3軒目

「山ろく」。

こちらは、なんと!休業していたのが、偶然当日再開の日でした。

しかも、以前の大将、体調がいまいちとのことで、引退し、跡継ぎが見つかったとのことでこの日から2代目が店主を務めていました。

1代目もオープン初日だからかいらっしゃって、お客さんに声をかけたりしていました。


さて、うどんのほうは・・・

かけを頂いたのですが、個性は特になく、普通に美味しいうどん。です。

が、一緒だった方がオーダーした「釜揚げうどん」はなかなか美味しかったです。

うどん自体の美味しさが釜揚げの方がよく伝わりました。

いかれるなら、釜揚げがおススメです。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



この日は東京も38度という猛暑だったので、ホントに暑い日でした。

ということで、涼をもとめて「福屋」へ。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



お目当てはもっちろん、かき氷。

こちらは宇治金時と和三盆の2種。

宇治金時をいただきましたが、白蜜のかかったかき氷に抹茶の粉末がきれいにかかっています。

白蜜の甘さと抹茶の苦味が、それぞれ口の中にダイレクトにつたわってきて、美味でした。


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



小豆は別添えです。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



さて、これで空港に向かうかしらと思いきや、地元の方が好む徳島ラーメンという「西食」に〆のラーメンを頂にお邪魔しました・・・

こちらはまた「いのたに」とは違う美味しさですね。

マイルドで甘め。松山で頂いた、瓢亭のラーメンがよぎりました。

美味しいラーメンでした!

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



徳島滞在中は、ちょうど鳴門の阿波踊りで、ちらっとだけ見るチャンスがありましたが、その一瞬でなんだか魅了されてしまって・・・

もう一泊すればよかったのですが、残念です。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



香川のぽこっとしたかわいい形状の山も好きですし、徳島の低くなだらかな山も美しく好きです。

四国、ますます魅了されてしまいました。



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City

KABOちゃん@駒込

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



久しぶりに、友人のお店「KABOちゃん」へ。

こちらのブログでは初紹介かもしれません。

前回訪問時は、まだ試行錯誤中だったとおもうのですが、今回はずいぶんとスープもチャーシューもよくなっていて、びっくり。


前回頂いたときの印象は、最初の一口目は煮干の香りもしっかりして美味しいのですが、割とすぐに食べ飽きると言うか、あとは醤油も濃すぎた印象。焼き豚も硬すぎたのですが、今回はそれらがすべて改善されていました。


日々少しずつスープのとり方を変えて今でも模索中だそう。

「あれ、かぼさん、醤油が少し薄くなったきがする。いいね。」というと

「Ayakoさんのは前回より薄くしておきました。そのほうが好みかとおもって。」との回答。

嬉しい心配りです。醤油が濃いなんて、前回は一言も感想言わなかったと思うんですけどね。


ところでこの日はご近所の人気ラーメン店「蔦」さんのところから連休前ということで、食材提供があったそう。笑


ということで、「蔦」の麺と煮玉子でKABOちゃんラーメンを頂いちゃいました。

「蔦」の麺の方が加水率が低いそうで、確かに食べ比べると、「蔦」の方が小麦感があって美味。

近いうちに、「KABOちゃん」麺も加水率を2%ほど下げるそうなので、こちらも楽しみです。

(上の写真が「蔦」麺バージョン、下の写真が「KABOちゃん」麺バージョン)


肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



さてさて、今回は夏ですから!かき氷もお目当てできました。

一年前に「鏡花」で臨時的に作っていたかき氷を思い出します・・・

が、今回はビジュアルからして進化した様子が伝わります。

この日のシロップは2種。


ひとつは

・パインジンジャー

これ、すっごく好みでした。

今年の夏中にもう一回いただきたいです。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



こちらが

・プラム

甘酸っぱさがサイコーですね。

肉&ホルモン・フードジャーナリスト Ayako's Gourmet And The City



これからはもう少し頻繁に食べに行きたいな。