カテゴリー別アーカイブ: 焼肉・ホルモン・お肉類【関西】

唯一無二のお料理「三芳」(京都)

​肉の匠のお料理を食べに京都「三芳」へ。今年は三芳さん、三回行けました。月替わりのお料理は、牛脂で揚げた富田林のえびいもと蟹のしんじょうが入った白味噌椀が秀逸でした。内子がこれまたいいアクセント。ばっさばさ贅沢に肉の端を切りすてて男気溢れる肉の磨きあげに惚れ惚れするも歩留まり悪すぎです!この日は粒の大きいお米がとても香りよく美味しくて聞いたところ、お値段聞いてビックリ。自宅で奮発して買うお米の二倍。原価率どうなっちゃってるんでしょう。
お料理コースは基本が15000円、最後のステーキのお肉によって価格が変わってきます。一番安価なものだと長野県の黒毛和牛、上物では神戸牛(川岸さん、瀬戸さんなど)や特産松坂などがあります。

鮮度も質もよいホルモンが食べられる「てっぽー」

先日、京都のお友達に案内していただきました「てっぽー」!

店内はとても狭く、カウンター6名、4名がけの簡易テーブルがひとつ。外から扉の奥を除くといかにも美味しいホルモンが食べられそうな名店の香りがプンプン漂っていて、今日はあたりだ!って店に入る前から確信してしまう、そんな佇まい。オープンして9年になるそうです。

そして供されたホルモンはというと、都内でもなかなか見ないレベルの鮮度と質のよいルモンをいただきました。この日はとくにコリコリ(大動脈)がサイコー。こんなに身が厚くて新鮮なコリコリは初体験。知ってるものとは別物の食感で、衝撃をうけました。シマチョウも鮮度がよい証の縦縞がクッキリ。塩だれも美味しくて、まだまだ知らないホルモンの世界があることに幸せを感じた夜でした。

テッポー
075-541-6707
京都府京都市東山区大和大路通四条下ル大和町 花七軒
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26013245/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

唯一無二のお店 「三芳」(京都)

進化っぷりが目覚ましい「三芳」。この日も最高でした。
小鍋は中華テイストで、あんは貝柱などの旨味で美味、そしてサーロインの分厚い塊は脂が落とされていて、軽く食べられてしまう美味しいお肉に変身。今年もめが話せません。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

三芳
075-561-2508
京都府京都市東山区祇園町南側570-15

黒毛和牛料理はダントツの世界観「肉割烹 三芳」(祇園)

2010年に初めて訪問した時から黒毛和牛の扱いに対するセンスはピカピカとひかっていた「三芳」。ここ数年は黒毛和牛だけでなく、様々な食材を黒毛和牛と組み合わせ、さらなる世界観の展開を魅せてくれています。肉は関西の肉を中心に、かなり贅沢な仕入をしています。また肉だけでなく白トリュフやキャビアなどの高級食材も扱うようになりましたが、それでも伊藤さんのスゴさはそことは違うところに私は感じます。
この日のピカ一は脂が落ちきるまで煮込んだバラ肉を使った蕎麦のつけ汁。関東風の濃いめ甘口のつけ汁とバラ肉の相性は素晴らしく、脂が胃にきやすい私でもぺろっと食べてしまったバラ肉。脂というよりコラーゲンだけがのこったプルんとした食感です。黒毛和牛の各部位の特徴をいかした料理の組み立ては伊藤さんにしか出来ないことに思います。
そして、蕎麦を食べ終わったところで白トリュフを削っていただき、蕎麦湯を足して飲み干しました。
はぁー、美味しい。ご馳走さまでした。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

比良山荘で熊鍋(ツキノワグマ)を。

熊鍋(ツキノワグマ)で有名な「比良山荘」。京都駅から90分弱、手配していたバスに揺られながら向かいます。食通の間ではかなり有名な同店の熊鍋、それだけに相当ハードルをあげてうかがいましたが、期待通りに熊の脂は美味しかったです!脂というよりコラーゲンでしょうか。お皿の上は赤肉というよりも脂で真っ白に埋め尽くされているので一瞬びっくりするかもしれませんが、まったくもたれません。熊は灰汁がでないそうで、鍋はきれいなまま一度も灰汁とりせずでした。熊鍋以外も、鰻を蒸したものも初めての食感、味わいで最近鰻に飽きていましたが…久しぶりに鰻、飽きずに美味しくいただきました。
予約は2名から受付ですが、お酒を飲まない運転手さんといくか、大勢でバスを借りるなどするのがお得です(18名で往復一人4000円弱でバスの手配可能です)。

比良山荘
077-599-2058
滋賀県大津市葛川坊村町94 比良山荘

 

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

西では最強!伝説のホルモン店「政ちゃん」

念願の「政ちゃん」@大阪へ行く機会がありました。焼肉というより牛の内蔵のホルモン焼きです。先に訪問していた友人の話では「包丁振りかざして殺されそうになる!」と熱弁していたので無事に帰れるのか心配しての訪問でしたが、逆につまらないくらい(笑)この日の政ちゃんはとても優しくて、無事生還いたしました。女性にはエプロンを渡してくれます。
肝心のホルモンはてっちゃん、アカセンに実力が最大限に発揮されていて仕入れと下処理がそうとういいんでしょうね。内蔵の部位の中でも美味しいお店はほとんど出会ったことのないアカセンがビックリするくらい状態が良かったです。大抵のお店のものは噛みきれない代表選手なのですが、こちらのものはこりっこり!脂も少な目です。
訪問するまでは、たれで食べさせる系統のお店かと思ったら、味付けもシンプルで、素材の味わいが全面に出ている仕上げでした。こういうのばかりは、新店には絶対に真似ができない、40年の歴史を感じさせてくれるお店です。ホルモンヌも太鼓判。

※残念ながら常連で一年予約が埋まっているお店です。予算、一人5000円程度。

焼肉政ちゃん
06-6562-0273
大阪府大阪市西成区鶴見橋3-8-21
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27023255/

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

カハラ で牛肉のミルフィーユ。(大阪・北新地)

北新地の名店「カハラ」。
夜のみの営業で二部制となっています。お料理はお任せのワンコース(22000円)。
カウンター席のみで、目の前は鉄板となっていますが、使用されるのはメインのスペシャリテ「牛肉のミルフィーユ」を作るときのみです。
お料理はどれも完成度高く、牛肉のミルフィーユはスライスした牛肉が三枚重なり両面を目の前の鉄板で焼きますが、間はレア。たっぷりのワサビでいただきますが、とても美味でした!

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image