カテゴリー別アーカイブ: 2010年バリ島ウブド滞在記

ヤギのサテ・WARUNG MADURA@ウブド


Ayako's Gourmet And The City



バリ旅行では、毎日散々肉料理を食べましたが、その中でも衝撃的に美味しかったのがこの”ヤギのサテ”。

ヤギ肉にほんのりついている香ばしい脂身の旨みと、ピーナッツが入ったスペシャルなソースのマリアージュはコクがたっぷり、サイコーです。


Ayako's Gourmet And The City


ワルン(=食堂)なので、店内はとても簡素な作り。


Ayako's Gourmet And The City


このココナッツカレーのスープも美味しかったなぁ。

思い出すと思わず遠い目になってしまいます^^


Ayako's Gourmet And The City

スープをライスと混ぜて食べるのがバリニーズ流。


Ayako's Gourmet And The City



ウブドに住む友人に案内してもらったからこそ行けたお店です。

Ayako's Gourmet And The City


これ、ウブドに行ったら是非挑戦してもらいたい一品です。

あー、またたべたいよーきゃはっ♪


*場所は、”ジャランラヤウブド通り”、「T-ART CAFE」の斜め前あたりです。

バリのホルモン料理


Ayako's Gourmet And The City


バリ滞在中は、できるだけいろんな肉料理を食べるようにしましたが、まさか”ホルモン”まで食べる機会に恵まれるとは思っていもいませんでした。

この日はガイドさんを一日雇って、タナロット寺院を目指して遠出をした日。

私は肉料理が好きで、日本ではそういった仕事をしているので、是非地元の人がいくお店でお肉料理が食べたいと伝えたところ、完璧なお店に案内していただきましたきゃぁ~



Ayako's Gourmet And The City


3時前くらいという、中途半端な時間だったため店内にお客さんはあまりいませんでしたが、お客さんは地元の方のようです。


Ayako's Gourmet And The City



じゃーーーん!

Ayako's Gourmet And The City


これは牛のホルモン定食。(Rp.40,000)豚もあります。

右の白いのはなんと、牛の皮を揚げたもの。

レバーに、肉、サテ、腸を揚げたものの盛合せになっています。

スープもホルモン入りのスープで美味。


Ayako's Gourmet And The City


噛みしめて味わう系ですが、私としてはかなり大満足なバリのトラディッショナルフードでした。


Ayako's Gourmet And The City



外では鶏がかわれていますが、ウブドでもこういう光景はよく見かけます。

Ayako's Gourmet And The City


うーん、思い出したらまた食べたくなりました^^

魅惑のレゴンダンス@ウブド王宮

Ayako's Gourmet And The City



ヴァイスロイ のカスケードでステキなガムラン音楽とレゴンダンスに出逢ってから、すっかり虜になってしまい、バリ滞在最終日の夜は、毎日開催されているウブド王宮で、レゴンダンスを観て過ごしました。

ウブド王宮は旅行者にはとても便利で、毎日演目が日替わりで催されています。

時間は19時から21時まで。Rp.80,000、約800円で観れてしまうから、時間さえあれば毎日行ってもいいくらいです。友人もこのレゴンダンスにハマリ、毎日行ってもいいくらいといっていたのですが、ホントに~?と疑ったものの、ホントでした^^

もちろん好みによるので、一度観れば十分って人もいると思いますが。


Ayako's Gourmet And The City


レゴンダンスは演者の目がガムランのリズムに連動して動くのがとても面白いのです。

目がパッチリしたバリニーズにピッタリのダンスですね。


Ayako's Gourmet And The City


男性もなんだか女性的なソフトな動きをします。


Ayako's Gourmet And The City


正直ガムランの音色はヴァイスロイにきていたチームには全くかなわなかったのですが、それでも最後にもういちど観る事ができたので満足です。


Ayako's Gourmet And The City



この後、迎えに来てもらっていたホテルの車でデンパサール空港まで直行。

00:55発というスケジュールで、残念ながら日本に帰国です。

アマンダリで反省会?@ウブド

Ayako's Gourmet And The City



バリ島での憧れのホテル、というより、センスよく、サービスも素晴らしい事で世界的にも有名なアマングループのホテルがウブドにもあります。


バリ滞在最終日に、その「アマンダリ」の世界を味わいに訪れてみました。

実はこの日、現地の知人に一日中バイクの後ろに乗せてもらい、ウブド周辺を案内してもらっていたので「アマンダリ」へもバイクで到着。

世界のアマンへバイクで行く人っているのかな??と思いつつも堂々と入場^^

この頃はまだクリスマス前だったので、ツリーの飾りがありました。


Ayako's Gourmet And The City


敷地内を歩くとなんだか”わび”の世界を感じます。


Ayako's Gourmet And The City

Ayako's Gourmet And The City

お茶をして一息ついていたお客さんは、年配の日本人と西洋人の二組だけ。

静かでゆっくりとした時間が流れています。

Ayako's Gourmet And The City

こうやって改めて写真でみると、写真栄えするホテルだなぁ、と思います。

実際はもっと地味で、ウブドの曇り空と”わび”の世界とがマッチしすぎたのか、なんだかとても寂しい雰囲気。

どよーんとしていました。これからなにか「反省会」でもしなければいけないキブンになります。

Ayako's Gourmet And The City


20代、30代のカップルや新婚旅行では、ヴァイスロイ フォーシーズンズ が向いてるかもしれませんね。

両者には、分かりやすい華やかさがあります。

お天気がどんなに悪くても、明るい気持ちのままでいられる、むしろロマンチックに感じさせる華やかさです。

アマンダリはもっと人生経験を積んだ人に合うのかもしれません。

リッチな方が泊まるホテルでもあるし、上級者向けなのでしょうね。


Ayako's Gourmet And The City


この乾きもののおやつがとっても好みで美味。


Ayako's Gourmet And The City


・デトックスグリーンジュース Rp.85,000

・カフェラテ Rp.65,000

サービス料+税金 21%




下の写真のお花は”チュンパカ”といいます。

バリで覚えてきた花の一つ。


Ayako's Gourmet And The City


チュンパカは見た目は一見地味ですが、香がとてもいい花で、トイレに飾られていました。

で、Cafeをしたテーブルに飾られていたお花が”フランジパニ”。

これはチュンパカと反対で、見た目はとても可愛らしく、香がほとんどしません。


バリにはこんな諺があるそうです。

「フランジパニではなく、チュンパカのような人になれ」


これは、先日少しお話したタナロット寺院へ遠出した日のガイドさんに教えてもらった言葉。

彼も、この言葉を両親に言われて育ったそうです。

そして、幼い頃、このチュンパカを毎日摘み取り(お供えの花に使用される)、それを売って小学校に通い、両親の生計を助けていたそうです。



ここからは風景写真をお楽しみ下さい☆



Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City


お茶をしている途中で、雨が降ってきたのですが、気がつくとやんでいて、最終日もバリの雨季らしいお天気でした^^

バリの気まぐれなお天気が結構すきでもありました。

ウブドでBBQを食べるなら@NURI'S Warung


Ayako's Gourmet And The City


ウブドでも人気のお店が、店先でポークリブを炭火で焼くお店「NURI’S Warung」です。

店先の写真は、その2号店で、メキシカン料理とうたっています。


Ayako's Gourmet And The City


2号店の方が若干オシャレな感じになっています。

普段は本店の方が混み合っているそうなのですが、この日は2号店が満席。

同じ通り沿いにある近くの本店に移動してみると、席が空いていて入る事ができました。


Ayako's Gourmet And The City



いかにも美味しそうな煙の香を嗅ぎながら料理を待つのは楽しいですね。

こちらはワルン、いわゆる食堂ですが、飲み食いして1人約1,500円弱ですので、地元のバリニーズには高いでしょうね。客層としては西洋人が多く、やはり観光客向けのお店。



こちらはポークリブ。
もう少しこんがり焼いても美味しいかなぁと思いました。


Ayako's Gourmet And The City


こちらはビーフ。


Ayako's Gourmet And The City


フライドポテトも結構美味です。

Ayako's Gourmet And The City


サラダ。

バリの野菜は日本のものに比べて素材自体の味が薄く感じます。

これは果物も同じ。


Ayako's Gourmet And The City



この日は、タナロット寺院へ訪れた日、一日ガイドを務めてくれたドライバーさんもお誘いしての夕食でした。

彼は小さい頃、実家が貧乏だったため(両親は職がなかった)、自分の小学校の学費は自分で

稼いでいたそうです。もちろん家にもお金を入れていたそう。

そんな彼は今立派な芸術家になっています。


*場所は、ウブド王宮の通り日本食「猟師」の近くです。

クレポン@タナロット寺院

Ayako's Gourmet And The City 


バリの伝統的なスイーツは、日本の和菓子に通じるものがあります。

だから和菓子が好きな私は、バリスイーツはかなり好みでした^^


次回行くときはスイーツの食べ歩きも組み込みたいなぁと思ったほど。

でもそれは、バリの伝統菓子に限ります。

洋菓子になると、それはやはり日本という美食の国で鍛えられた我々ですから、一気にげんなりします。


Ayako's Gourmet And The City 


タナロット寺院の参道には両脇にお土産やさんがたくさんありますが、その中でガイドさんが買ってくれたのがこの”クレポン”というバリの伝統菓子。


Ayako's Gourmet And The City 


車内でいただいたので手振れしてますが・・・

白いのはココナッツ。草もちのようなお餅の中に入っているのは黒蜜!

日本の黒蜜よりも薄くてさらっとした黒蜜です。


これが、、、とっても美味しいのです!

バリらしい、優しい味です。


このクレポン、ウブドでは食べられるところが少ないようで、ウブドからはなれたこの日は食べるのに絶好のチャンスだったわけです。

食べさせてくれたガイドさんに感謝!


この後、最終日にもクレポンの旅にでるのですが、このおばあちゃんのクレポンにはかなわなかったのです。

オススメ魚のワルン・WARUNG MINA@ウブド

Ayako's Gourmet And The City


最終日のランチで訪れたWARUNG MINA。

ここはお魚の食堂です^^

ウブド滞在中はかなりいろいろなお肉料理を食べる機会がありましたが、魚介類は初めて!

先日ご紹介したマンガマドゥよりはほんの少しお値段がお高くなりますが、我々日本人にとってはそれでもお安いです。


Ayako's Gourmet And The City


結構敷地が広くて、気持ちがいいです。



Ayako's Gourmet And The City



この日はクニンガン の最終日。

ということで、バリニーズは皆セレモニーに勤しんでいて、仕事をお休みする人が多いそう。

そんなこともあってなのか、お客さんは観光客のみで、とても静かで穏やかなお昼の空気でした。

Ayako's Gourmet And The City



マンゴージュースもこれで最後かと思うと寂しいですね。(Rp.15,000)
日本でもフルーツジュースがこんなに安く飲めたらなぁ。なんて思ってしまいます。


Ayako's Gourmet And The City


GURAME BKR(Rp.33,000)

焼き魚、これは久しぶりにお魚を食べたせいからか、異様に美味しく感じてしまいました^^

付け合せのものと、ほぐした魚の身とライスをよーく混ぜて食べるとホントに美味。

Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City


UDANG GORENG(Rp.40,000)

海老の素揚げ

殻までバリバリ食べるのが私流^^

Ayako's Gourmet And The City
Ayako's Gourmet And The City


パイナップルパンケーキ(Rp.12,000)

ほんのり優しい甘みとモチモチした食感で、これも好みでした☆


Ayako's Gourmet And The City



ワルン(食堂)に行くなら、ここはかなりオススメ!

大人数で行って、いろんな種類食べてみたかったなぁ~。


*場所はマンガマドゥのすぐ近くです。