タグ別アーカイブ: お気に入り

春のビストロカプリシュー [登戸]

クラシカルなお料理に菊池シェフのセンスとオリジナルな個性を加えたフレンチ。とても私のツボで度々伺っていますが、頂くのはいつも通常のメニューではなく、お任せコースです。

菊池さんが作る〆のフォー、スープがめちゃくちゃ美味しくて、料理人がつくるとこんな美味しいものになるのかぁ、といった具合ですが、今回は手打ちパスタ。鳥取の猪のミンチもふっくら仕上がっていてこれも唸りながらいただきました。本来はもう少しもっちりした麺だそうですが、あえて硬さを出しているそうで、ここでもオリジナルに仕上げてるそうです。魚のメインは骨抜き穴子、肉はフレッシュな鹿なんですが、塩漬けのような噛めば噛むほど旨味を感じてくるような肉でした。菊池さんのお料理、気持ちがほっこりして、ほんと好き。
ビストロカプリシュー
044-933-6621
神奈川県川崎市多摩区登戸3415

https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140506/14042567/


広告

唯一無二のお料理「三芳」(京都)

​肉の匠のお料理を食べに京都「三芳」へ。今年は三芳さん、三回行けました。月替わりのお料理は、牛脂で揚げた富田林のえびいもと蟹のしんじょうが入った白味噌椀が秀逸でした。内子がこれまたいいアクセント。ばっさばさ贅沢に肉の端を切りすてて男気溢れる肉の磨きあげに惚れ惚れするも歩留まり悪すぎです!この日は粒の大きいお米がとても香りよく美味しくて聞いたところ、お値段聞いてビックリ。自宅で奮発して買うお米の二倍。原価率どうなっちゃってるんでしょう。
お料理コースは基本が15000円、最後のステーキのお肉によって価格が変わってきます。一番安価なものだと長野県の黒毛和牛、上物では神戸牛(川岸さん、瀬戸さんなど)や特産松坂などがあります。

ラマ島散策と海鮮と豆腐花

​中環から索罟湾行のフェリーに乗りラマ島へ渡りました。ラマ島はフェリー乗り場が二ヶ所あり、それぞれがハイキングコースとして道が繋がっています。Googlemapだと徒歩一時間程度とでたのて散歩にちょうど良いかと思いましたが、途中見晴らしがとてもいいところまで登る場面もあるので、最終的にはかなり疲れました。時間は90分はかかったでしょうか。ラマ島では新鮮な魚介類とおばあちゃんがつくる豆腐花が食べられます。それぞれがフェリー乗り場の近くにあり、ハイキングの前にどちらに寄るかは悩みどころ。オフシーズンで海鮮レストランが閑散としていたこともあるのか、豆腐花がある榕樹湾のほうが観光の人は多かったです。

ラマ島の海鮮レストランでは一番人気の天虹海鮮酒家。こちらは水槽から好きな食材を選んで調理してもらいますが、他、メニューリストにも色々ありました。オススメは断然シャコ!サイズ大きく、ぷりぷり。一匹150香港ドルとやや高め。蛤は50香港ドル、こちらも美味しかったです。ホタテは40香港ドル、食材はイマイチでこれはオススメしません。海辺のテーブル席でのんびりできます。
■海鮮料理 『天虹海鮮酒家』
香港南丫島索罟灣第一街1A-1B號地下
索罟灣フェリー乗場横
(月〜金)10:00〜22:00


そして、豆腐花。シロップにはジンジャーの風味がほんのりあったような気がします。ほろほろ崩れる豆腐花。

■建興亞婆豆腐花
南丫島榕樹灣大灣肚1號
9:30-18:00

ハイキングは疲れたけど景色もよく楽しかったです。

人和荳品厰

豆腐デザートを食べに人和荳品厰へ。周辺はブランドショップがあるのに、通りが変わると急に庶民的な店が並んでガラッと雰囲気が変わるのが香港の面白さ、好きなところかもしれません。

ホットとアイスをいただきましたがやはりホットの方が大豆の味わいがよくわかります。

ラマ島の建興亞婆豆腐花のほうが、シロップの糖度がやや高い印象。大豆の味わいはこちらのほうが濃いめです。今度はおかずも食べてみよう。

今年もTate Dining Room & Barへ(香港)

香港では2回目になりますが女性シェフ・ヴィッキー・ラウさんのレストラン「テートダイニング」へ行って来ました。フレンチと和の融合というかイノベーティブなお料理になりますが、香港のエッセンスも加わっているのでそれらの融合が新鮮に感じて楽しめて、ちゃんと美味しいお料理。前回もそうでしたが肉(メイン一皿目はピジョン、二皿目は鹿児島の黒毛和牛)の火入れも抜群で美味しく、ドレッセも女性シェフらしい可愛らしさが感じられます。日本に一ヶ月間滞在するなど度々日本に来ているようで、ソースには味噌を、アイスではわさびなどが使われていました。
http://www.tate.com.hk/

中環蘇豪伊利近街59號地舖

唯一無二のイタリアン f [秋田]

二回目の訪問ですが、前回の感激を下回ることなく今回も感激しっぱなしのお料理でした。地産地消で、秋田の食材、個性を強みに、オリジナルな発想で、でも驚きだけでなくちゃんと美味しいイタリアン。カウンターのみで1日一組しか入れないそう。一人でも対応するというから驚きます。電話番号は非公開なので紹介制みたいなものですね。

f
秋田県秋田市南通り亀の町1-7

https://tabelog.com/akita/A0501/A050101/5007093/