タグ別アーカイブ: ビステッカ

ディナーはRistorante Bucamarioへ。

DSC06616

フィレンツェの夜、ディナーはこちらも有名店の「Ristorante Bucamario」へ。同店は「フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅」でビステッカの一番美味しいお店として紹介されていました。が、個人的感想は違い、お昼に訪れた「RISTRANTE DA IL LATINI」に断然軍配でした。Bucamarioのビステッカは熟成が感じられずレアでオーダーしましたが、かなり火が入った印象。フィレンツェでは熟成というよりもレストランでお肉を仕入れて勝手に数週間放置(寝かせて)して提供しているそうなので、その時々の在庫状況でも肉の状態が変わるのだと思います。ですので、きっとこれは一期一会、訪れるタイミングで印象がかわったりするのかもしれませんね。フィレンツェに訪れたら何軒か回って、お気に入りのビステッカを見つけて欲しいです!

ビステッカ以外では、同店のメニューを見るとクロスティーにの種類が豊富だったのでそちらと、生ハム、あとは魚介のパスタを頂きました。が、お味をみて、やはりフィレンツェで魚介をチョイスするのはナンセンスだと思いました。

店内は満席でしたので、予約は必ずしたほうがよさそうです。こちらはメールでの予約を受け付けていますので、便利ですよ。また、メニューに日本語があるのもとても助かります。

DSC06624 DSC06625 DSC06626 DSC06629 DSC06630 DSC06628

フィレンツェでビステッカを堪能、Ristrante da Il Latini

DSC06578

フィレンツェのホテル、セント・レジスに到着してすぐにランチと散策に出かけました。フィレンツェといえばビステッカ・アラ・フィオレンティーナですね!この日をどれだけ心待ちにしていたことでしょう。本場のビステッカをいただけるということで、わくわくしておりましたが、お店選びは詳しい知人に色々と情報をもらい、まずは超有名なこちらのお店「Ristrante da Il Latini」へ。ネットでは観光客が多いのと人気店なので混みあってるとのことだったので、やや不安ではあったのですが、オフシーズンということもあり、13時頃に伺うと店内はガラガラ。拍子抜けです。因みに予約は電話予約のみでしたので、ホテルにお願いして予約してもらいました。

DSC06572こちらのお店、テーブルには最初から下の写真のワインがどーんとおいてあり、量り売りになっています。面白いですね~。飲んだ分だけ最後に清算だから、気軽に飲めてこれはいいシステムだなぁとおもいます。さてさて、頂いたお料理はもちろん!ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ!メニューには”Bistecca alla Fiorentina cotta al carbone al Kg(50ユーロ)”と表記されています。意味は”このビステッカフィオレンティーナは炭火焼です。1kgでお焼きします。”だそうですが、それにしても安いですよね~。日本に比べて物価高に感じるヨーロッパですが、お肉だけはどちらのお店で食べても安く感じました。しかもお肉は完全赤身の熟成肉、レア、めちゃくちゃ美味しい!これ、日本でも食べたいです。あとはショートパスタを頼みましたが、これはもう出来てたのかな?と思うような仕上がりで、ちょっとがっかりでしたね。やはり、肉を食べないとだめですね!フィレンツェですから!

最後はお店からビスコッティのサービス。お酒につけていただきますが、本場で食べると幸福感がまします。

DSC06581 DSC06573 DSC06580DSC06574 DSC06576 DSC06577 DSC06584 DSC06582 DSC06583